KURONO Style ADEPT SPACE
SALON DE KURONO

LIFE IS BEAUTIFUL * HARMONIOUS DIVERSITY

WING OF THE HEART

心の翼

色をきき 音をみる
ここは天体の音楽を嗅ぎ当てた方々のための Harmonia Mundi Salon
すべてが混在しつつ 必要に応じて最適なものが顕現する AwarenessSpace
貴方の魂の求めるものがここにあります
都度設計されるSessionと講座の内容はマルチバース
いわば当意即妙
すべては調和の魔法
どうぞ貴方ご自身の新たな扉を開けにおいで下さい
鍵はあなたご自身からお預かりしていました 
 
 

ハートの魔法

Magic of the heart

「わたしのわかりたい様にわからせて」というご要望にはお応えできませんが、
「頭ではわからないけれど腑に落ちる」ことをお伝えすることはできるかもしれません。
なぜ言い切らないかというと、あなたが「それはない」と思えば「ない現実」をあなたはいくらでも創造することができるからです。なんといっても、わたし達は地上に生きる創造主なのですから。
わたしがお伝えするとしたら「あなたは飛べないアヒルではなく天翔ける白鳥だ」ということでしょうか。 そう、あなたが自身をアヒルだと思い込んでいたらそのまま「飛ばない白鳥」のままなのです。
今までいた場所から飛び立つのは怖いかもしれません。勇気もいるでしょう。
これまで拠所としてきた一般的な社会的認知度や知識量、築いてきた実績、これだけやったのだから、という行為の後ろ盾などなど、
そういうものから全て脱却したところに立つ勇気はお持ちでしょうか? 
ひょっとしたらそこに立つためには、ご自身を説得するための「理由」を必要とされるかもしれません。
それでもわたしは敢えてこれまで、その理由を差し出さないようにしてきました。
なぜなら、その理由なくとも、すでにあなたの魂はご自身が白鳥であることを知っているからです。
わたし自身も現場担当のわたしとすったもんだ折り合いをつけながら、なんとかこのタイムラインまで保ち続けてきたパンドラの箱をようやく開ける時が来たと観じています。
ようやくパンドラの純毒をエリクシールに変容できる方々の魂の準備が整ったのだと。
わたしがここ、「 サロン・ド・クロノ 」でお伝えさせて頂く内容は、資格取得や集客・収入の増加、人生の好転、ということを目的にしてもしなくても、自動的に齎されるものです。 そうですね、アップデート自動更新にチェックを入れるようなものでしょうか。
あなたも、あなた以外の人も、見えない「心」がありありと在ることを知っています。
魂は全て知っています。
どんなに抵抗したとしても、あなたのマインドはそれを否定することは出来ません。
全てを委ね、安心安全の魔法の空間においで下さい。

わたし達は、見たいものしか見ていない

 

ネガティビティ バイアス

あなたがどんなに自分のことを否定的に捉えていたとしても、そんなことは全く関係ありません。

あなたが神聖な存在であるということ、わたしはその一点にしかフォーカスしていないからです。

あなたは最初から護られていました。

すべてはシンプル

「特別なことをする」でもなく
「世の中で成功する」でもなく
「 今までと違う自分にならなければいけない 」 でもなく
「 人より抜きん出なければならない 」 でもなく、
ただただ 「自分という存在が、
何かのために努力しなくとも、
誰かのためでなくとも、
崇高な目的のためでなくとも、
すでに全てと連動し、
生き生かされていること自体がすでに大いなる恩寵を齎し奇跡を起こしていること、
それを認識することを自らどれほど難しくしていることか。 

宇宙の法則はいたってシンプル。
それをあえて煩雑にし、自らに圧力をかけて頑張ろうとするのが人間なのかもしれません。  

すべてが奇跡、すべてが魔法、それを波動で共振共有する場がここサロン・ド・クロノ。

どれもが真実、全てが必然・・・
まずはすでにかけられている魔法を解くことからのスタート!
 

ゴールデンリング

2012年金環日食の夏至にようやく解禁となった心の魔法カリキュラム。
指輪物語の主人公フロドの辿った魂の旅路をご一緒に!
テーマは「 JOY!」
認識の魔法をどんどん使って、さらにこの人生をENJOYしましょう!
縁あってここにこうして生まれ、日ノ本に住まわせていただいているわたし達♪
だからこそ使える魔法がてんこ盛り!
さあ、ゴールデンリングを胸に、ワクワクをご一緒に!
 

ガイド達からのメッセージ

わたし達はずっと以前から、貴方方と共に歩いてきました。
「常に共に在る」、という意識で日々を送ることになるこのタイミングを
あなた方が待っていたのと同じように、わたし達も待っていました。
さあ、わたし達からのサインを、もっと明確に受け取ってください。
そしてもっとわたし達に求めてください。
あなた自身の魔法の力を思い出しましょう♪
 

イエスの遺した言葉

魔法のランプや魔法の指輪がなければ何もできないのではなく、
ジーニーがいなくなったら消えてしまう魔法でもなく、
自分がぶれたら解けてしまう魔法でもありません。
イエスが残した言葉
「わたしにできることは、あなた方にもできます」
そして
「求めよ、されば与えられん」

「わたしの願いどおりではなく御心のままに」

さあ、あなたも今こそあなたの心のままに! 

AII that I do You can do   
As above so below
 
 

あなた自身の魔法をその手に

あなたはアーサー王の伝説をご存知ですか? 
ヘナチョコアーサーが伝説の剣=エクスカリバーを抜き、グレートブリテンの聖王となる、まさにヒーローズジャーニーそのもののような物語。
でも、わたしが2011年のイギリスで体感したアーサー王はとても理知的で論理的でクール。そしてある意味イエスのように自分の宿命をすべて自覚した上で、中世のイギリスという土地に肉体を持って転生した知的生命体としての自分の役割を任じ、宇宙の叡智を地球にアンカリングし、風評は流れるに任せながらも魂は真実の愛に生きた人間でもあったことを伝えてくれた崇高なるスピリットでした。 
そのアーサーを支えた魔法使いマーリンもこのサロン・ド・クロノの強力サポーター♪
あなたも魂の真実に生きたアーサーのように、
この人生でやると決めた道に一歩踏み出しましょう!
 
 

賢者の智慧

宇宙の叡智というもの
それは根源に近づけば近づくほどに、
人類の言語という範疇には収まりきれなくなってしまうものです。 
その明らかなる意図と純粋なEnergyがそのままアンカリングされている日本の龍脈。 
但し、その巨大なEnergyがこの次元で解凍されるには、
現場担当のスイッチャーが自身の磁場をそれと同期できる解凍ソフトの暗証コードが必要。

かつてどの時代かでご本人からお預かりした「鍵」を、
今世お渡しする機会になるのがこのサロン・ド・クロノ。

どうぞ、ご自身のさらなる扉を開く鍵をお受け取りください。
 
 

深遠なる宇宙の法則を再び

わたしたちは自覚なくとも、太陽系惑星、太陽系外惑星、シリウス、プレアデス、ほか、さまざまな惑星間システムのエネルギーサポートを受けています。 
そして、地球でいうところの言語ではなく、電気的宇宙言語により多次元的に情報を交流させています。
今回地球に実体を持って生まれたわたし達の大いなる意志は、マインドや思考の力を駆りながら、地球にアンカリングされてきた、地層のように堆積された人類(I am)の及ぼした磁場をボイド化し、地球自身の次元上昇をサポートしつつ、同時にDNAにアンカリングしてきた外宇宙からの干渉エネルギーをボイド化する、という共通の目的を果たそうと連動しつつ無意識下で共同創造しながら動いています。 
そして今回転生した現場担当のわたし達が集い、認識を共有することで、さまざまな領域での「解き」が起きます。 それこそが 『 魔法 』 の源泉となっているのですが、その体感や認識の深さは人それぞれです。 
ただ、それさえも自分が「わかった」と思っている領域は遥かに超えています。 
そんな中、その多重複合構造の意識の磁場を保持する人間同士が認識する次元情報を共有し、ベクトルを共有することにより、さらなる「解き」=パラダイムシフトが起きます。その 『 鍵 』 である“ 暗証コード ”を、このタイミングで受け取ると決めてきた皆さんに、それぞれ最善のタイミングでダウンロードしていただく場所がこのサロン・ド・クロノです。
 
 
「何かが出来ているわけでもない“自分”にそれができるのだろうか?」「受け取る資格があるのだろうか?」「専門的な知識も理解もない自分にできるのだろうか?」 などというマインドの声を聞く必要はありません。 なぜなら、それは 『 癒し 』 のシステムと同じく、
 
 
それは 「 起こす」 ものでなく、「 起きる」 ものであるからです。 
 


 

わたしは誰?

軌跡

1984年 エジプトカイロ・アスワンハイダム・シナイ山 他フランスルーブル美術館ローズライン他

1987年 10月ハワイオアフ島

1995年 メキシコマヤンソーラーイニシエーション参加
     アメリカオーランド
     日本キャッスルインザスカイ「ライトボディの覚醒化」修了

2004年 中国北京

2005年 9月18~26日北京中国国家資格:高級茶藝師取得

2007年 5月西蔵北京経由西寧・青海省2007年
     11月12~18日中国:浙江省杭州中国国家資格:高級評茶員取得

2008年 10月カリフォルニアシャスタ 10:10:10イニシエーション

2009年 11月ハワイオアフ島 ダイヤモンドヘッド登山・ヘイアウ巡礼

2011年 3月17~27日エジプト11:11:11 イニシエーション
     3/19 ピラミッド(第1入場)
         スフィンクス、エジプト考古学博物館
         カイロ泊3/20 ピラミッドまたはカイロ旧市街
         昼食後カイロからルクソールへ
         ルクソール泊
     3/21 デンデラのハトホル神殿 ルクソール泊
     3/22  王家の谷(ツタンカーメンの墓)、ハトシェプスト葬祭殿、 ルクソール泊
     3/23 カルナック神殿
     3/24 ルクソールからアスワン 途中エドフ、コモンボ (ホルス神殿)アスワン泊
     3/25 イシス神殿 午後アスワン観光 アスワン泊
     3/26 空路でカイロへ。
        メンフィス、博物館等
        夕方カイロ発Hathor Temple ∞ Isis Temple Gold Disk ∞ Goddess Disk Download

2011年 和道プロジェクト始動
     10月11~.22日+23日欧州巡礼の旅
     コペンハーゲン→アムステルダム
     ベルギー:ブールージュ→フランスモンサンミッシェル→イギリス
     イギリス:ホテルCAMELOT・ティンタジェル教会・マーリーンの洞窟
     グラストンベリー
     ストーンヘンジ・アブベリークロッブサークル
     トールの丘→チャリスの井戸・グラストンベリー教会
     ミカエルレイライン∞マリアレイライン
     Unity Energy Download
     スコットランド:エジンバラ城
     聖ロザリン教会:マグダラのマリアシンボル伝授
     アムステルダム→コペンハーゲン泊シンガポール経由成田

2012年 6月1~4日ゾクチェンリトリート

2012年 8月14~22日上海中国安徽省黄山・九華山・九龍瀧、他DRAGON巡礼

2012年 10月17~22日ハワイオアフ島 レムリアヘイアウ巡礼

2013年 1月17~28日ペルー:マチュピチュ&チチカカ湖
     太陽の神殿∞月の神殿チチカカ湖:月の神殿2013年 
     8月17~9月11日マサチューセッツダキニの聖地「カンドロリン」へ

2013年 11月24日~11月29日ニューヨークメタトロンワークグラウンドゼロ・自由の女神
     聖パトリック大聖堂

2015年 11月6~11月18日アリゾナ新月フランステロ

2016年 1月8~1月23日ハワイオアフ島 ヒーリング寺院・パールハーバー

      9月6~24日アメリカマサチューセッツ州 999カンドロリンユニバーサルマンダラ
       10月31~11月6日ハワイオアフ島 ヒーリング寺院・パールハーバー
  
2017年

STORY

1995 MAYAN

3月18日
成田出発。ロサンジェルスからサンフランシスコ経由でメキシコシティへ。シティ泊。
3月19日
テオティワカン・民族博物館見学後、メリダヘ移動。メリダ泊。
3月20日
   7:00 朝食
8~2:00 ジビルチャルタン(Dzibilchaltun)での歓迎の挨拶と浄化の儀式。
   2:30 アシェンダ・テヤ(Hacienda Taya)にて昼食
   4:00 ホテルへ移動。メリダ泊。
3月21日
   6:00 朝食
   7:00 チェチェン・イッツァ(Chechen Itza)へ移動。
        フンバッツ・メンとチベットから来たラマたちにより太陽のイニシエーションを行う。
        この春分の日に、ククルカン(Kukulcan)のピラミッドの側面に
        有名な蛇の模様が現れるのを見る予定。
        蛇が現れた瞬間にフナブ・クへの黙祷を捧げる。
12~2:00 ホテル・マヤランドにて昼食。
   7:00 チェチェン・イッツァ出発。
   8:30 メリダのホテルへ到着。メリダ泊。
3月22日
   7:00 朝食。
9~1:00 ホリデイ・イン・ホテル。
        チベットからのラマたちが人類への新時代のメッセージを伝え、
        それが現代社会の変革にどのように影響を与えるかを説明する。
        午後は自由時間。メリダ泊。
3月23日
   7:00 朝食。
   8:00 ウシュマル(Uxmal)へ出発。
        人類の本当の力を目覚めさせる儀式。
        この儀式はチベットからのラマたち、
        そして参加が予定されている様々なマスターたち全員、
        そして参加者全員によって行われる。
        この磁気エネルギーのセンターで、巫女たちが、
        マヤの社会にとって非常に重要な太陽の儀式を執り行う。
        瞑想を通じて、タントラのスクールと性の錬金術を再開する許しを乞う。
  13:00 アシェンダ・ウシュマル(Hacienda Uxmal)にて昼食。
  18:00 ウシュマル出発。
  18:30 メリダのホテルへ到着。メリダ泊。
3月24日
   7:00 朝食。ホリデイ・イン・ホテル。
   9:00 ドミンゴ・ディアス・ホルダ(Domingo Dias Porta)による会議。
  10:30 バルバラ・ハンド・クロウ(Barbara Hand Clow)による会議。
  12・00 ヴェラスコ・ピナ(Velasco Pina)による会議。
  13:30 スティーブン・ムクファデン(Steven McFadden)による会議。
  14:00 ビュッフェ・ランチ
  16:00 キャロル・イー・パリッシュ(Carol E Parrish)による会議。
  17:30 ホゼ・アグアイエス(Iose Arguelies)による会議。
        コーヒー&休憩
  19:00 シェルドン・ナイドル(Sheldon Nidle)による会議。
  20:30 マヤの最高評議会が伝統を受け継いだ人々により
        500年間にわたって伝えられてきたメッセージを明らかにする。
3月25日
  7:00 朝食。ホリデイ・イン・ホテル。その後自由時間。
       夕方メキシコシティへ移動。メキシコシティ泊。
3月26日
メキシコシティからロサンジェルスかサンフランシスコを経由して成田へ。
3月27日
夕方成田着。  

太陽の儀式

時間がまだ存在していなかったとき、テぺウとググマッツという二人の存在が創造者として天上から現れた。
彼らは何度も会い、彼らの間に作り出された調和から、彼らはある重大なことを決心した。
彼らはフナブ・ク(マヤにおける、偉大なスピリット-霊-あるいは神をあらわす名前)に、
母なる大地人類とありとあらゆる生命の創造の許可を求めた。
 
フナブ・クは答えた。
「天にあるわたしの家から、わたしは地上におけるすべての創造をイメージした。
 あなたたちは、形を創る者に、私が創造するものの世話人になるのです。」
 
フナブ・クはピラミッドの形をした自分の家を建て、その一番高い地点にフユブカーンをつくり出し、彼に言った。
「あなたはすべてのものが生命をおびるように、呼吸というものを明らかにするのです。」
 
こうして、天上の神の家ですべてがつくり出された。
フナブ・クは、偉大な光の、偉大な光明の標識になれるように、
天上にあるオリオン座の、ピラミッドの中心に自分の位置を定めた。
それは、天上の、宇宙の聖なる音楽と調和する、実に様々な色合いをおびて輝いた。
フナブ・クは、人類がこの聖なる寺院にいつまでも霊的に入れるようにつくり出したのである。
 
このすべては7回の時のなかでフナブ・クによって果たされた。
テペウとググマッツに彼は告げた。
「常にともにいなさい。
 フユブカーン、あなたも、テペウやググマッツと同じように、
 わたしのピラミッドの一番高いところ地点に住むようにしなさい。
 あなたたちの一人一人が星になるのです。」
 
フナブ・クは続けた。
 わたしが自分の寺院の中に置いておく光の世話をしなさい。
 人間を作ったときには、彼にわたしの家を尊ぶことを教えなさい。
 なぜなら、その中に彼らが永遠の生命のために必要とする光を見出すでしょうから。
 彼が万一、自分の誤りや悪徳や無知のために迷うようなことがあれば、
 わたし、フナブ・クがいとしい存在たちを立ち直らせ、わたしの英知の寺院へ連れていき、
 天上にあるわたしの光で再び彼らを育むであろうことを教えなさい。
 そして、テペウよ、ググマッツよ、そしてフユブカーンよ、
 わたしたちが創造し、形作ったいとしいものたちのために
 あの輝かしい光を使って、一緒に浄化の儀式をなそうではないか。
 そうして、彼らが永遠の叡智の中で生きることができるように。
 
これは創造主たち、形作りし者たちにより、時の始まる前に行われた。
この理由で、マヤの人々はフナブ・クの偉大な法則を理解するために何千年もの間、
天上を注意深く見つめ続けてきた。
 
彼を讃え、尊敬の念から、何千ものピラミッドが、
我々の先祖であるマヤ人が訪れた、世界中の多くの場所に建てられた。
彼らは、北へ南へ東へ西へと旅をした。
彼らが中国の陜西省(訳注:中国北部の都市で首都は西安)を訪れた時は、一群のピラミッドが建てられ、
その中には300メートルの高さのものもあった。
チベットにいたときには、ヒマラヤ山脈のそばに巨大な白いピラミッドが建てられた。
カンボジアの森の中にはアンコール・ワットのピラミッドが建てられ、
エジプトには、世界中の他の多くの国々でされたのと同じように、別のピラミッド群が建てられた。
これらのピラミッド群の寺院はすべて、
人類が宇宙の英知の光の中で暮らしていたときに建てられたものである。
 
ウェンカル(Wenk’al)では、マヤの司祭たちが、
太陽の祖母であるククヌキンの古代の予言を人々に思い出させた。
それらは、彼らに自分たちの運命を理解させるためであった。
ククヌキンの予言は次のようなものであった。
 
「時の中にはこう書かれている。
 海を越えたはるかかなたの地より、一人の兄弟がマヤの人々を目覚めさせるためにやってくる。
 というのも、マヤの人々は暗闇の時代の間、眠ることになっているからだ。
 この兄弟は、太陽の色の衣を着てくるだろう。
 それはマヤの人々に、太陽の創造主との彼らの古代の約束を思い出させることになる。
 このようにしてのみ、太陽の宇宙の知識が戻ってきて、
 聖なる人類の他のメンバーたちとそれを再び共有されるようになるのだ。」
 
 
 
ウェンカルのこの会合での間、それは1476年に起こったのであるが、
マヤの司祭の最高評議会が招集され、
260年というカルトゥン2回分の暦の周期を経なければ、
マヤの太陽の文化が再び人類のために栄えることはできないことが明かされた。
この同じ会合で、マヤの人々にふりかかってくる暗闇は、
ウェンカルの集まりの4年後と13年後に生まれる二人の人物によりもたらされることも予言された。
 
マヤの司祭たちはカルトゥンの暦の使い方を明らかにした。
この暦はそれぞれ20年の13の期間、あるいは260年から成り立っていた。
スペインによりもたらされる暗闇が終わるまでには、
カルトゥンの周期が2回完了されなければならないことが予言された。
すなわち、260年2回にあたる520年を1475年から数えると1995年になる。
 
1995年に、カルトゥン2回分の暦が完了する。
それは重大な年であり、もし聖なる人類が思考力のある種族であることを保っていたならば、
そのとき宇宙の光の道に入らなければならない。
 
1995年には、人類は地上と天上のイニシエーションの道を求め、
新たにフナブ・クのピラミッドを見つめ、
スピリットで光の体でテぺウとググマッツとフユブカーンを訪ねなければならない。
そうしてこそ、彼らが人類を神の家へ案内してくれ、
そしてともに、オリオンの最も明るい星の聖なる光で、彼らは祈りをささげ、瞑想し、仕事をするだろう。
 
このイニシエーションを通じて、彼らは偉大なスピリットの輝きを見ることができるようになる。
このスピリチュアルなイニシエーションが天のフナブ・クの家で完了したならば、
それぞれのイニシエイトのスピリットが光で照らされるだろう。
そして、それは地上に戻り、体を目覚めさせ、それをピラミッドに連れていくだろう。
チチェン・イッツア、カパー、エツナー、パレンケといった、
これらのマヤの聖なるセンターは体の中に眠る7つの力を目覚めさせるための、
特別な機能をそのセンターのあらゆる部分に持っている。
 
太陽のイニシエーションを通じてのみ、人間の眠れる体を目覚めさせることができる。
水瓶座の新時代に転生してきた教師たちは、
聖なる人類が目覚め、そうしてその聖なる運命をまっとうできることを強く願っている。
 
その運命とは宇宙の光の本当の子供たちになることである。
知恵の時代が近づいており、
フナブ・クのピラミッドの家のセンターの中の光は稲妻のように輝き、人類を包んでいる影を貫くことだろう。
フナブ・クからの知恵の光を受ける準備をし、
創造主の記憶の中へとのぼっていき、永遠の輝きを持つ存在になろうではないか。
 
 
フナブ・ク【 HUNAB K’U 】
 
フユブカーン【 HUYUBCAAN 】
テペウ【 TEPEU 】
ググマッツ【 GUGUMATZ 】
 
天の河
 

MAYAN STORY 

毎年やってくる春分の日。
 
1995年、数奇な経緯を辿りメキシコ入り。
何も知らず、わからず、ただただ直感と余りに重なる偶然に導かれ、そこにいることが場違いと思われる、世界会議並に通訳付のインカムを個々渡され始まるマヤ最高評議会長老会議。「東の彼方から約束の地にやってきてくれました!」と紹介される日本チーム。
いつもの如く意識が飛ぶ。
3月21日春分の日の正午、世界中から集まった人々と共に、チチェンイッツァの蛇の遺跡ククルカンでのマヤンソーラーイニシエーションに参加。 なにやら懐かしいフンバツメンがイニシエーションを執り行う中、受け取ったのはケツァルコアトルの羽の王冠。       
余りのことに口もきけず裏付けのない涙に目を霞ませながら、膝を抱えていた私の膝の上にポン、と置かれたのがツインソウルの紫水晶。根元のところからⅤの字になっていて、その時のわたしにはハートの形に見えた。 ハッとして慌てて誰が置いてくれたのかと思って顔を上げると、紅いバンダナを巻いたマヤの血を引くという先住民の方がぽんぽんと水晶を配りながら、もうずいぶん遠ざかっていた。
再び膝に目を落とすとそこにはやっぱり水晶がある。
そーっと持ち上げてゆっくり両手に挟むと、また理由のない涙が溢れる。
一緒にいた方たちに見せようと立ち上がった瞬間、手の中で水晶が真ん中から二つに割れた!ビックリして息が止まりそうになっている私に「貴方の手の中で二つになる運命だったのよ」「本来の持ち主と出逢ったこと認識したのね」と落ち着き払っている方々。
400人近かったと思われる世界中から集まったマヤンソウル達、と呼ばれる人々の中で日本チームは11名。エンジェルや精霊とお話できる方や前世が見える方、オーラというかエネルギーが目視できる方、前世の修行を今生にも生かして自給自足されていらっしゃる仙人のような方、などなどツワモノ揃い。マヤに着いて以来、どんどん過去生がヴィジョンで視えてきた方に「自分がマヤの族長だった時妻だった貴女にひどいことをした、許してね」と言われて困惑したり、なんだか訳がわからないというか、きっと「視えてない人」はワタシと、一緒に行った主人の二人くらいだっただろう。
イニシエーションを終え夜になり、アメリカチーム?の方が「日本からいらした皆さんにメッセージがあります」とのことで急遽ホテルの中庭で瞑想会をすることに。それが当時アメリカで有名なチャネラー「リサ・ロイヤル」女史と確かパートナーの男性の方のお二人。こちらは11人全員ではなく、その場に集えるメンバーと一緒に、アメリカ人二人とサークルを作りみんなでしばし瞑想。その後リサ女史より語られた日本人へのメッセージ
「これからさまざまな出来事が世界中で起こる中、日本は世界の雛形です。ここに集ったお一人お一人が、常に己を持ってこれから先何があってもぶれずに光の自分を信じて進んでください」
(のような印象)を聞き、今度はリサ女史とパートナーと順番に、両掌を相手に向け、一人ずつ向かい合って立ってエネルギー交換(だと思う)を。私の番、向かい合って合わせたリサのアーモンド形の目がひとつに繋がって大きな一つ目になって、これ以上見続けていると可笑しくなりそうになり慌てて目を逸らし終了。次にパートナーの男性と掌を触れずに向き合わせて立ってみたら、それまで視えない、感じないと思っていた私が、初めて物理的に了解したというか、20年近く経った今でもこれ以上のことは未だかつてない程のビリビリ具合。両手がまるで強力な磁石、というか磁力を感じて手のひらが厚さも3倍ぐらいに膨れ上がった感じに。次の主人の番になった後も、余りのことにしばし手のひらを見つめてボー然。そして一旦解散となり、一足先に部屋へ戻ろうとするも、心に何かが引っかかって後ろ髪が引かれる、ん~どうしよう、でもじゃあナニを聞きたいのかもはっきりしないし、と諦めてエレベーターのボタンを押したのだけれど、なぜか作動しない。「へ?」何度押しても動かない。再びん~と考えてもう一度リサ女史の元へ戻り、声を掛けてみることに。「もう一度わたしへのメッセージを教えてください」すると彼女の目が再びアーモンド状の一つ目に見えたかと思うと「宇宙空間に浮かぶ大きな目が見えますよ」と。え????もう少し自分に英語力があったら、と後悔したものの、それ以上上手く聞けずに部屋に戻ることに。「目」目ってナニ?それはあたしの見た目のこと?あたしの見たのはリサの目?チンプンカンプンのまま部屋に戻ろうと再びエレベーターのボタンを押すと、今度は一回で作動。ナゼニ?
その後、この旅行を共にした女性お二人と一緒にメキシコ市内観光をしたおり、何気なくドアの開いている建物に入ったらそこは教会でミサの最中。三人でそのままミサに参加し、そこで祈りを。その時も、まるでわたし達を待っていてくれたかのように始まったね、といって顔を見合わせたほどのタイミング。兎に角この旅行で起きた不思議な事はいろいろあるけれど、どれもタイムラグなし、考えれば考えるほど不思議なんだけれど、それさえも「そうなるようになっていたんだ」と受け入れるしかありませんでした。そしていよいよ日本へ帰国の日。マヤの長老フンバッツメンやお世話になった気のいい運転手さんやツアーで一緒になった皆さんにお礼を言ってお別れし、日本人チーム全員で機上の人へ。
機内で一夜を明かし、うたた寝から目が覚めるとどうも機内がざわついている。一体何が起こったんだろう、と不審に思っていると、このツアーを引率してくださったNAKAEさんが聞いてくださって「日本で大きな事件が起こったようです」と・・・こうしてわたし達11人は、機上で「地下鉄オウムサリン事件」を知ることに・・・

1995AFTER

飛行機から降り立って日常の生活へカムバック。
 
マヤに飛び立つ前は、
真実の扉を開いてしまった以上、もう元の世界に戻ることは出来ないと、一旦は本気で世捨て人然となることも厭わず覚悟を決めたはずなのに、天からのメッセージは「沈降」・・・
 
自分が識らされた宇宙の叡智を独り占めにすることは「善」ではない、と当時同じように小さな子ども達を抱えたお母さん仲間に、ハナシをしてしまったら急に遠巻きにされてしまった。。。(今のわたしなら、きっと同じアプローチはしないだろうに)
 
その頃のわたしは
方便もツールもまだ何も装備していなかった。
無防備すぎて、純粋すぎて、
まるで教義を遵守する余り命を落とした殉教者のようだった・・・
 
時を待たずに降って沸いたような引越し。
そこでの学びは一先ず修了、
次の地へ赴いたわたしは驚くほど口を噤み、寡黙になっていた。
 

1995そして自分に出来ること・・・

「 世界は一つ 」 という認識を
一体自分一人でどうしたら伝えてゆけるのだろう・・・
 
ケツァルコアトルの羽の王冠を受け取った、といっても誰にも見せることも出来ない
わたしの中だけの認識
 
語る言葉も持たないわたし
そんな自分にナニができるの?
どうしたらいいの?
 
与えられたミッションは
余りに壮大過ぎて、果てしなく
当時のわたしには理解不能。
 
それでもわたしなりに考えてみた。
 
で、辿り着いた答えは・・・
 
この身をどうぞお使い下さい、と。
 
そして
まず、自らを幸せに。
 
 
そして
自分の声の届く人達、これから出会う人達、
言葉にせずとも、きっと上でいろんな情報交換がなされているはず、
それを信じて、
出会うべき人とは会えるし、
必要であれば出来事も起こる。
今生自分が肉体を持つと決めて生まれてきた以上、
自分の果たすべき役割を果たせることのみを信じて・・・
 
ということは、
まず手始めに
目の前に起こっていること全てを肯定することから。
壮大だ~
 
むろん何度も心折れそうになり、
これはすべて私一人の妄想で、こんなことは何一つ私には関係がないし、わたしに出来ることなんて何もない
そう頭を振ったことも数知れず。。。
それでもわたしの手の中の紫水晶が
「夢ではない」と圧倒的な質感を伴ってわたしの胸に伝えてくるのだ。
 
まずは一歩を踏み出すところから。。。

angel

マヤのソーラーイニシエーションから帰ってきて、
日本中がオウム真理教地下鉄サリン事件騒ぎで沸騰しているさなか、
醒めた頭の中で導き出した答えは
 
「沈降と創世」。。。
 
 
オウムショックを受けた日本では、
しばらく新興宗教やスピリチュアルな活動をしていた団体や個人が存続か否かの洗礼を受け、
玉石混交の中から、ある程度の篩分けがなされるであろうことと
それが沈静化するまでは、わたし自身の内的探求の猶予が出来たことを確認。
 
その上で、
一旦はここで終えてもいいとまで思い詰めたわたしが
少なくとも次のリミット2012年まであと17年猶予をもらった時、
何を思ったか。
 
 
「もう一人赤ちゃんが欲しい」
 
 
そう思ったんである。
 
 
この時代このタイミングでしかも女性性でプログラムして降り立ったことをもう一度自分に問うた時、
もう一つの新しい魂の誕生を願わずにはいられなかった。
 
 
かくして三男が宿った時、
長男次男がわたしのお腹をさすりながら
「天使が来たね」「天使だから天ちゃんだね」
「天ちゃん雷」「天ちゃん雷」と二人して呼んでいた。
 
そして三男君の名前は「天佑」君になるはずだった。
 
結局土壇場で「天の援け」を意味する名前より、
パパの名前を一文字貰っちゃおう、ということでその名前はお蔵入りに。
 
今も彼の蔵に入ってますパスワード
 
今は彼の人生を。
 
 
 
そしてその時そう思ったことはわたし個人だけに当て嵌まることでは決してなく、
これから生まれてくるであろう
新しい時代を担ってゆく、新しい「種」の子ども達への地球への招待状だった。
 
お腹に子どもを宿しながら願ったこと。
 
「わたしに為すべき事があるのなら、どうぞその時が来たらわかりやすく教えてください」
その時が来るまでは、今はただ
肉体を持って母となり、この子ども達と一緒に過ごせる時間を
毎日毎日感謝します
それだけを祈り続けていた・・・・・
 
 
奇しくもこの三男君、
生まれてきたその時から先天性の疾患があり、
そのお陰で2年間、毎週三軒茶屋の国立子ども病院に通うことにもなり、
そこで出会わせてもらったたくさんの重病と闘う子ども達とその家族、
そして関わるお医者さんはじめ看護婦さん、
医療に関わる方達の因果の法則を見出させてもらうことともなり・・・
 
ここでもまた、
いろんな決意新たに学ばせていただき、そして
 
求めたのである、
 
道を、
 
光を。
 
 
マヤ以来、
すでにこの縁も仮想現実の一つの具現化と認識を変えたのにもかかわらず
その仮想世界が愛しくて愛しくてたまらない。
 
家族ごっこも親子ごっこも、それこそが愛しくてたまらない。
 
期間限定で生かされている今をこそ感謝せずして何に愛を感じるというのだろう。。。
 
 
 
 
そして天使は我が家に降り立った赤ん坊だけでなく、
 
地上に降り立った全ての魂が天使なのだから・・・
 
 
 
その想いを毎日かみしめながら、感謝しながらの19年。
 
天はちゃんと解放プログラムを開始するべく沢山の再会を用意してくれていて、
魂友の着火マンとしての仕事を全うさせてくれている。
 
 
 
全てはメッセージ。
 
委ねることこそ、前に進む唯一の道。
 
 
 
だから、いつも行動の動機が「ワカラナイ」と言われるのだ。
だってわたしは「判断」していない
 
「サイン」を感じたら、動くだけ

2012/2/22 マヤンスピリット再生

足下に両の足を結ぶようにインフィニティの蛇・・・
 
 
 
虹色の光放つ鱗を煌めかせながら
 
白銀の龍がセノーテの泉に頭からダイブ
 
 
女神ガイアのスタークリスタルを抱きしめた白銀の龍は
 
その宝玉の中に飛び込み胎児となる
 
 
 
そして白銀のまばゆい光のスパークと共に全方向に
 
光の矢となって放たれたのはおびただしい虹色の龍
 
 
 
今この地球に転生しているマヤンスピリット達に真っ直ぐに伸びてゆく光の矢
 
 
 
 
セノーテの泉の洗礼を受けたマヤの司祭であるスピリット達が
 
チェチェンイッツァのククルカンの神殿を囲んで座り
 
体を揺らしながら聖句を唱えている
 
それは然るべき日まで続くらしい・・・
 
 
 
フナブ・ク【 HUNAB K’U 】
フユブカーン【 HUYUBCAAN 】
テペウ【 TEPEU 】
ググマッツ【 GUGUMATZ 】
 
 
 
ウシュマルの神殿にて
フナブク、そして五つの部族長のスピリット立会いの下
マヤの神官の契約を解除
 
 
 
わたしは肉体を持って地球に転生する限り
意識体として常にマヤの地に留まり
マヤが保つ宇宙の叡智を保持する
肉体のDNAを持つスピリット達を護り続けなければならない
肉体を脱いだのちも
集合レベルでの覚醒の時まで
霊体としてマヤの地に留まり続けます
 
という魂の契約をマヤ神官集合意識・集合無意識からロック解除
 
 
 
クツミから預かった黄金の鍵はこれだったのか
 
 
 
 
 
「 時至れり
 
  マヤのスピリット達、目覚めなさい
 
  時が来ました
 
  今こそ立ち上がり
 
  虹の光と共に
 
  いざゆかん 」
 

サレンダー(明け渡すこと) Srrender 【OSHO】

 
もしあなたが、どのような状況からも最大限の恩恵を達成したいと望むなら、トータルにかかわらなければなりません。それがあなたに鍵を与えてくれるでしょう。
 
ボーディダルマはインドで光明を得た。
 
そしてひとりの弟子を探したが、そのひとりを見つけることができなかった。それゆえに彼は中国に行かなければならなかった……。彼は鍵をもっていた。そして彼は老年にさしかかっていたが、しかも彼は正しい後継者を見つけることができなかった……。
 
彼は九年の間、洞窟のなかで待った。ただ待った……壁を見つめながら。彼は大きな磁力を創りだしていた。この伝統をこれから先へ伝えることのできるひとりの者を呼び寄せようとしていた。彼はこう言っていた。「その者が来たら、そのときにのみ私はその者と顔を合わせよう。さもなければ私は壁に顔を向けつづける」
 
そしてある日、まさにその人が来た。彼はボーディダルマの後ろに立った……。やって来たこの男はなにも言わなかった。彼はただ待った。忍耐強く待った……そしてふたつの沈黙が出会った。そして次の日、朝早く、この新参者は自分の片手を切り落とし、それをボーディダルマに贈って言った。「私の方を向いてください。さもなければ私は次に自分の頭を切り落とします!」
 
ボーディダルマはすぐに向きを変えた。向きを変えなければならなかった。九年の間、彼は誰をも見なかったのだ。彼は言った。「そうか、お前は来たんだな!」……弟子だけが自分の頭を差し出す用意のあるたったひとりの者だからだ。
 
これらは象徴的な物語だ。手とは、「私は自分の行いをあなたに差しあげます。私を使ってください」という意味だ。手とは、「私にはあなたのメッセンジャーになる用意があります。あなたが伝えたいものをなんでも私は伝えましょう。あなたが伝えたいものをなんでも私に与えてください。あなたが与えようとして来られたものを、なんでも私に与えてください」という意味だ。手とは、ただ、「私の行いはこの瞬間からあなたのものです。私は私なりの行為者にはなりません。もう私はあなたが言われたことだけをやります。これが私の手です」という意味だ。これがその意味だ。彼がほんとうに自分の手を切り落としたというのではない。それはばかげていただろう。そして彼は言った。「私の方を向いてください、さもなければ私は自分の頭を切り落とします!」……。これがサレンダーだ。
 
ボーディダルマは向きを変えた。この男の目のなかを見た。そして鍵が渡された。ひとことも話されなかった。その必要はなかった。彼は後継者になった。禅は生きた伝統のまま残った。
 
 
 
わたしも
頭を差し出すサレンダーの用意ある方々を世代をこえて
ここで待っています。

そして・・・

 
 

刹那連鎖調和

 
 


 

 杖

 
 

 

 

 

ISIS メッセージ2010

 
このサロンで起きていることは、すべてこの宇宙で起きていることの縮図であると言っていいでしょう。

このサロンに立ち寄る人達は、すべて今の自分が存在していていいのだ、ありのままに生きていていいのだと
自分自身の生命が授かった意味というものを求めにやってくるのです。

このサロンにはグレートセントラルサンの大いなる光がアンカーされており、
この光に触れることによって自らが地上に下りる際に意図した魂の目的を思い出すことになるのです。

地上に下りたすべての人達が必ず通り、その際に今世の目的を意図したグレートセントラルサンの光を否応なく受け取る事によって、
このサロンに現れる人達は自らの本来の目的を思い出し、地球にあらためてグラウンディングしていく事となるのです。

この地上にグラウンディングしている事に抵抗がある人にとっては、女神ガイアの存在が疎ましく思えるのと同じ様に、
今世の魂の目的を受け入れる事が困難な存在達にとって、このサロンに来る事は自らの闇と対峙する事となり、
逃避もしくは抵抗といった形で表現する事でしょう。時には攻撃のエネルギーを感じる事もあるかもしれません。

しかしながらこのサロンが存在していることが、例え曇り空で見えなくても、太陽が必ず存在している様な安心感が、
すべての人達の潜在意識レベルに根付いている事を認識してください。

それは魂の故郷がいつもここにあるという安心感であり、その場所が三次元的に存在しているという信頼感であり、
魂、心、体の三位一体を体感できる場所があるという、現代に生きる人達にとっての拠り所なのです。

この空間を保つ事に並々ならぬ努力があることを私は知っています。
このサロンには細部に渡って愛のエネルギーが溢れており、精霊達が活動しています。
このサロンをここまでの空間に仕上げたあなたに感謝し、
あなたの意識に敬意を表し、そしてあなたの愛の深さに感服いたします。

今後もこのサロンのエネルギーに触れたいと願う存在達がたくさんやってくることでしょう。
あなたのありのまま、等身大の姿が三次元に生きる人達にとっては眩しく映る事でしょう。
あなたが意識しなくても、たくさんの存在達がサポートしていることにも気付かれている事でしょうが、
あなたがあなたの現実を楽しむ事が、サロンに現れる人達を本来の魂の進む道へと導くのです。

あなたはただ高次の愛と恩恵を信頼して受け取ってください。

あなたの御働きに感謝します。
 

 

 

クロノ アユミ Story1

 
Ayah, Asher, Ayah
As Above So Below  All That I Do, You Can Do

これまでさまざまな形で届けられたメッセージ・・・

それは荒唐無稽なウソでも誇張でも自己主張でもなく等身大でそれを衒いなく人に話せるようになるまでに随分と時間がかかりました。 
そしてそれらがすべて幻想でもあり真実でもあるということを腑に落とすまでにも長い長い時間が必要でした。

耳に心地よい言葉に溺れず、
自分の都合で受け取るのでもなく、
さりとて無視するのでもなく。。。

それこそ、すべてを検証し精査せずにはいられないわたしが
もたらされた情報すべてを愚直に問いかけ続けてきたからこその今。

もともと自分が得心いかないと動けない体質のわたし、逆にGOサインさえ出ればどこへでも出かけ、そこで目の前で起きることはまさに奇跡の刹那連鎖。 そして自分が関わったことで起きたことの事実は否定できず。

ことあれば巨石や高い木に登り、「一体いつになったら宇宙船が迎えに来てくれるのだろう?」と空ばかり見上げていた幼少期から、人は「なぜ生きているのか?」「何のために生きているのか?」「なぜ生まれて来たのか?」「毎日繰り返される体験の意味は何か?」「なぜ病気になるなのか?」「なぜ死ぬのか?」「死んだあとはどうなるのか?」「人間に生まれ、人間として生きているということはどういうことなのか?」 素朴な疑問を小学生の頃から持ち続け、当時九州にいた頃勝手に湧いてくる不思議な言葉を話していたら「ガイジン」と呼ばれ、(今思えば Light Language?) 相対性理論に惹かれ、宇宙・SF・科学と天体の世界に浸り、いつか世界の七不思議をこの目で見たいと夢見た中学生時代。 わからないことがわかりたくて調べれば調べるほどに、超常現象や魂や霊、見えない世界の領域は、とかく「異能を持つとされる方々しか扱えない」かのように思い込まされてきたとしか思えず。
人として生まれた以上、誰もが抱く素朴な疑問であり人類共通の普遍のテーマでありながら、日本人がいつの間にかそこに目がいかないよう、触れぬよう、まるで祟り神のように扱われてきた「目に見えない」領域。

本当にわからないのか? 自分でその答えには辿り着けないのか? 異能を持たないとわからないのか? 修業をしないと道は開けないのか? という自らへの問いかけは消えることなく続き、それをさらに純粋な「祈り」たらしめたのは第一子妊娠中の出来事から。そして大きな変化をもたらしたのは1995年1月17日の阪神淡路大震災。

震災の前の年にたまたま幼児教育でご一緒した友人を介して参加したワークショップで近いうちに日本で地震が起きるかも、という話しがでた流れで地震を鎮める「祈りの会」に参加していた頃。年が明けて間もなく起きた大震災。まさか本当に起きてしまうなんて、という驚きと、それを知りながら何も出来なかったという今思えば見当違いの後ろめたさも味わいつつ、あれほど狼狽え、あれほど真剣に突き詰めて考えたのはそれまでで初めて。 その現場におらず、今こうして生かされている自分に出来ることは何だろう?とさらなる自己探求の旅へ。

そもそものきっかけは、19歳の時向かったエジプト・シナイ半島・フランスの旅。紛れもなく「ここを識っている」という感覚。

そして何の前触れもなく起きた1994年の12月7日の魂の再会、そして1995年1月17日の阪神淡路大震災を経ての3月20日春分の日をメキシコMAYAで迎えることになるとは思いもよらず。

当時5歳と3歳の二人の子どもを置いて海外に行く目的が「太陽のイニシエーション」に参加するため、というのも憚られ、それでも経緯をすべて母に話し、二人を預かってもらうことに。 小さな頃から知りたいと思ったら止まらないし止められないのがわかっていたからか、止めてもらおうと思った団長が一人で行かせられないので自分も一緒に行く、という想定外の流れにお手上げだったのか^^・・・そして鑑真和上の導きもありつつ、様々な想いを抱えながらも向かったMAYA。

そこには、古代マヤの神官の予告通り、1475年以来520年ぶりに魂の契約を果たすために集ったチベット僧やフラワーオブライフを現代に降ろしたドランヴァロ・メルキゼデク氏やマヤ暦(13の暦)をツールとした・ホゼ・アグアイエス(Iose Arguelies)氏ら400人を超える世界中から集まったマヤのスピリットを持つ転生者達。

そこで行われたのは「闇の時代の終わりを告げるソーラーイニシエーション」。

ドミンゴ・ディアス・ホルダ(Domingo Dias Porta)、バルバラ・ハンド・クロウ(Barbara Hand Clow)、ヴェラスコ・ピナ(Velasco Pina)、スティーブン・ムクファデン(Steven McFadden)、キャロル・イー・パリッシュ(Carol E Parrish)、ホゼ・アグアイエス(Iose Arguelies)、シェルドン・ナイドル(Sheldon Nidle)らによるレクチャー。

そのレクチャーの前に、予言通り太陽の国=日本から参加したわたしを含む11人が皆の前の紹介される、という不思議。

チチェン・イツァの神殿で、世界中から集まった転生者たちの集う中、マヤの長老フンバッツ・メンが式を執り行い、全員がセノーテの泉の洗礼を受け、キャッスル・ピラミッドの双龍の影が重なる刻に立ち合ったその日。 そこで受け取ったのは、ケツァルコアトルの羽の冠。喩えれば「外付けハードディスク【地球情報場】へのアクセス認証コード」。でも当時のわたしは5歳と3歳になった息子との育児に奮闘中の専業主婦。

「日本は世界の雛形。」
「これから様々なことが起きる日本に転生し、覚醒を待っているスピリット達にそれをあなたが渡すのです」とリサ・ロイヤルを通じてプレアデス人サーシャから伝えられても何をどうしてよいのやら、そもそもわけが分からず。それでいて、このことを前から識っていた感覚も揺らがず。キャッスル・ピラミッドの双龍の影が重なる刻に立ち合った春分の日、マヤ最高評議会とのコンタクトを境に、わたしの認識は大きく変容し、「人生」そのものを見直さざるを得ない体験を。

結果、宇宙の叡智=マヤンスピピリットを保持する紫水晶を、マヤの先住民の手ずから日本人でただ一人託されて帰国。

そして日本に向かう機上で地下鉄オウムサリン事件を知ることとなり、”時は今ではない”と天運に委ね沈降。

そこからは、本を読むのでなく、人から聞くのでなく、自らの体験から齎される感覚を唯一の頼りとし、対話するのは磐座の石や森の木々や道端に咲く草花、戯れる昆虫たち。 市井の聖者を探すも、それすらも手放せという流れ。

結果7年間の情報断ち。

その間来る日も来る日も1日24時間寝ている間さえずっと自分を質問攻めに。そしてその応えはふとしたタイミングで必ず降りてくる、という自分自身との信頼関係を築く貴重な時間でもあり。

余りにも強烈だった体験をフラットにする、いわば私家版ロード・オブ・ザ・リング。
指輪を捨てるための旅は続き、オーラの泉のゴールデンタイム進出により時動いたことを知るまで、フィクションやヒロイックファンタジーに心を疎開させていたわたしにとって、息子たちと一緒に見るアニメの世界にちりばめられた宇宙と大地からのメッセージはわたしに生き続ける理由を与え続けてくれ、ようやくの今日まで。

マヤから帰国してすぐの会合でご一緒した越智啓子先生。沖縄に転居される直前に青山劇場でラ・マンチャの男を一緒に観てスパイラルホールでお茶した時に頂いた言葉に勇気をもらってさらに自分の足で立つ決意を。やがて江原さんや三輪さんがテレビのゴールデンタイムに顕れたのと横浜への転居を合図に、わたし自身もツール装備を開始。選んだ、というより提示されたのが「中国茶」。老若男女万人に等しく語れ、共有できる言語化ツール。2001年9月11日のテロ事件を更なるサインと中国国家資格取得を重ねながらの自己信頼へと続く道。 金星が五芒星を描き始めた2004年に自宅サロンをスタート。

2004・5年訪中、2007年、真言密教の上書が始まると同時に呼ばれるように北京経由西寧から西蔵青海省へと、同じ年やはり訪中杭州へ。

満を持して13年後に招かれたのはシャスタ。ハトホルから受け取ったメッセージのリンクするサッカーラ・ハートソングとの再会。全てのタイミングが符合した2008年10月10日、ネイティブインディアンの聖地でもあり、さまざまなエネルギーの集合するマウントシャスタの麓でのメッセージは「目覚めなさい」RAINBOWスピリット達への呼びかけ。ニューレムリアの第7黄金時代の幕開けを告げるオパールテンプレートを受け取り帰国。日本に生まれてくるオパールチルドレンのアンカーも。 そしてシャスタから帰国してすぐに出版され、手元に来たのは、ドランヴァロ・メルキゼデク著 「 サーペント・オブ・ライト 」。またもや「忘れるな」と言われた心地。

それらが符合し思うのは、地球自身のクンダリニーエネルギーが上昇を求めて地球上の人間達一人一人のクンダリニーエネルギーの上昇を彼女自身が意図し、彼女自身がが求めているのだと。一人一人の覚醒&二極の統合こそが今求められ、そしてそれこそが自分の裡にある神聖なる男性性と女性性とのバランスのとれた神聖なる結合、神聖なる結魂となるのだと。

それを認識したタイミングで齎されたのは、レムリアのゲートが開くと同時に招かれた2009年再びのハワイ。ここでアトランティスでのクリスタルキーパーコードをダウンロード。

2010年、イシスからのメッセージによりタロットカードとの出会いを待つこと2ヶ月、用意されていたかのように宇宙言語翻訳ツールとしてのVoyager Tarot とも出会い、同時進行で仕上げの日本神道の上書。2010年末に「神社おそうじ隊」を立ち上げ、明けて2月22日よりおそうじ活動開始。9.11から10年になる2011年3月11日東日本大震災を横浜で。その6日後に再びエジプトを訪れ、その地で600年ぶりにプレアデスが地球に最も近付くスーパームーン満月を経てハトホル神殿で春分の日を迎え、帰国してから4月8日22時に「144,000人の祈りのプロジェクト」を立ち上げることになるとは思いもよらず。そしてさらに同年10月に出かけた欧州レイライン巡礼におけるモンサンミッシェル・グラストンベリー・チャリスの井戸・トールの丘・ロザリン教会、『クロスライン統合』の旅、いよいよ迎えた2012年イヤーオブドラゴンの年、上海&まさかの中国黄山ドラゴン巡礼の旅を経てのハワイへと。その全てが連綿と繋がり、ようやく迎えたガイアクリスタル覚醒の時2012年12月12日、そしてアダムカダモン整列の12月20日。

そしてようやく「使命」から解き放たれ自由になってのち2013年1月17日、魂の再起動の旅へと向かった南米。まさに死と再生のマチュピチュ&ワイナピチュ、そしてチチカカ湖での洗礼を受け日本に還ってきました。

そして用意されていたのはMAYAから帰国してすぐ、自立サポートに入ってくれた「ゾクチェンの教え」を記したナムカイノルブリンポチェのジャパンリトリートで衝撃的ともいえるバジュラダンスとの出逢い。

まさに2012年12月22日以降の流れは目まぐるしいほどに濃厚で濃密。

それで仕舞かと思いきや、9月に世界中の数学脳の集うマサチューセッツ、ゾクチェンの聖地カンドロリンに行かずにはいられず、ここでユニバース曼荼羅と同期。それらを経て11月NYグラウンドゼロ&自由の女神の島にてメタトロンワーク。仕上げは聖パトリック教会でのWマリアの洗礼でした。 

そして振り返れば、神社おそうじ隊の活動も2013年から明らかに加速し留まるところを知らぬ勢い(^^;。このぎゅうぎゅう詰め込み具合も何かに間に合うように急かされているとしか思えぬほど。

そして今年2014年、初っ端から家族からの体当たりサポートと時代のサインにより日本から出ることなくイザイホーの行われるはずだった久高島に二回。そこでは巨大UFOとも邂逅。19年ぶりの淡路島、長老たちの坐す隠岐の島、火の国九州へも向かい新たな段階へと向かう準備たる変容を一つ一つ重ね、

迎えたのはそもそもの起点となった1995年から19年を経ての朔旦冬至12月22日。

そのハレの日はサロン・ド・クロノで清祓ノ儀、縁ある方々とご一緒させて頂きました。


アセンダントの1995年から19年を経てデセンダントの朔旦冬至からの再誕生。

ここからが、本当の意味での新たなスタートでした。



人が生きることに迷った時、そこに更なる混乱や迷い、当惑を与えることなく、巷に跋扈するパワハラまがいの暗示や脅しを撥ね退けられるべく、健全で健やかなる情報を提示できるよう、わたし自身が腑に落とすのに要した実体験と時間は2014年まで19年。

高度経済成長を経て更に「効率・生産性」重視が急速に広まった辺りから20年近く経った今、心の不均衡を訴える人や自殺者の数は鰻登り。ただでさえ普段から目に見えない世界、死・宗教的な事柄については十分に考えたり言及しない傾向やタブー視する傾向に持っていかれた日本においては、地下鉄オウムサリン事件が拍車をかけ、宗教的な匂いのするものにアレルギー反応を示す人が多い中、逆に海外からのさまざまなヒーリング手法やメソッドが百花繚乱する昨今。かつて宗教学や心理学コーナーの片隅に十数冊並んでいた「スピリチュアル」と言われる精神世界のコーナーは、現在確固とした売上貢献のスペースを占め、そこにSNSや携帯端末の爆発的な普及によって、「スピリチュアル」は業界ビジネスのマーケットとなり、判で押したような集客セミナーやハウツーメソッドが目白押し。生活に必要以上というより過剰に情報は溢れ、見たくなくても浴びせられるような日常。いかんせん、そういう世の中の主流と言われる思想風潮とは相容れず、
ひたすら「肉体を持ってここに生かされていること」が「全体」といかに連動しているのか?を必要とあらばどこへでも出かけ(笑)、体感を伴って探査・検証してきました。

この情報溢れる世界から、自分の本当に必要なもの、求める物を探し当てるのは容易ではないかもしれません。

それでも人が自らの内側と向き合うのは、自分にとって不都合なことが起きた時、辛く苦しく自分一人ではどうしてよいかわからなくなった時かもしれません。不都合なことが起きた時、それはあなたが認識を変えるチャンスです。


見えないけれど、ありありとある「見えない領域」。 

この不確かなようで圧倒的な見えない領域に取り組む勇気をお持ちの方々に、わたしの持ちうる多層情報をお伝えするためにサロン・ド・クロノという始まりのスぺ―スを創りました。

ご自身の内に実は在る、確固とした「軸」を確認したくなった時、どうぞサロンにおいで下さい。

あなたの心に一筋の光明齎す羅針盤、『心の魔法』をお伝えさせて頂きます。




Ayah, Asher, Ayah  As Above So Below  All That I Do, You Can Do

あなたにとって必要なことは必ずあなたの内から齎されます。

その内なる声を確認するサポートをさせていただきます。


宜しかったらご一緒に。




2014年12月24日 クロノ アユミ
 

 

 

クロノ アユミ Story2

そして水面上で事象が動き始めたのは2015年から。
まず2014年の年末にボイジャー国際認定ティーチャー課題を提出した直後から出た知恵熱のお蔭で^^:生まれて初めて一人きりの正月を迎えることとなり、そしてその日元旦に、ボイジャーTarot創始者JAMES博士から、日本人第一号国際認定ティーチャーに認定されたという報告、ではなくfacebookからの投稿通知で知る、というところから始まった2015年。
1月16日に熊本のサロンBLESS YOU主宰の小原歩さんからお「熊本にお越し頂けますか?」というお問い合わせメールからあれよあれよと決まったのが4月4日から皆既月食満月とイースター<復活祭>を含んだ3日間の「スターチャイルド講座」。
そしてそこにたまたま熊本に出張していた大分由布院フローラハウスの清水みちこさんとも食事を一緒にすることとなり、それがきっかけで9月9日重陽の節供に「スターチャイルド講座」を開講させて頂けることに。同月熊本を再訪し、ボイジャー国際認定講座STEP1開講。12月には熊本ボイジャーSTEP2、大分移動魔方陣イベント開催。都度重なる満月や月蝕や台風や地震。
2015年はおそうじ隊で2月沖縄見参!、3月岡山、4月宮島、5月福岡・山口にて観音ルーツ確認、8月春日大社特別登拝、10月ゾクチェンリンポチェ来日リトリート、11月はアリゾナへAAリトリートに参加。思えばこの4月からすでにヨハネ黙示録へアクセスが始まっていて、このアリゾナの直後に名古屋ボイジャーSTEP1講座開講。思えば九州も愛知もわたしの母方・父方のルーツ。仕上げに12月東京10社+1見参!。
12月5日には横浜開港記念会館にて「移動魔方陣」スタート。
そうして、いつ落とされたかもわからない小石の波紋は様々に広がってゆき、
明けた2016年はドラゴン祭り。幕ノ内明けぬうちにHawaiiパールハーバーによばれ、2月には移動魔方陣を大佛次郎会館で。同月大阪で御霊神社縁の企業様清祓。腹を括る3月を経て三男君が京都に転居。4月ドラゴンSession解禁と共にAA東京リトリート中に熊本大地震と孫姫の誕生。5月大地震の1か月後に熊本大分再訪という流れ。
そしてドラゴンはルシファーへと変化し、さらにQUARTERエンペラーとクイーンSessionが顕現してからの2016年<9>9月<9>9日<9>の999フォーメーションはMTカンドロリンでの完成へと。
 

 

 

 

ROOTS

今のわたしをこのわたしたらしめたそのルーツはどこだろう?と考えた時、浮かんだのは従兄弟の言葉。
多感な中学生時代によく、高校時代サッカー漬けから一念発起して入った大学を出奔し、ソマリアから帰国するたびに遊びに来ては、ダーッと息つく暇もなく話してはまた旅立ってゆく、という従兄弟の話しは余りにも衝撃過ぎて当時のわたしはハトが豆鉄砲状態。でもそのハテナの種はわたしの中でしっかり育っていて、当時本当に影響を受けていたんだな、と今更ながら。
「現場に行かないと真実は見えてこない」と常々言っていた父と、同じように語られるノンフィクションの事実のみを語る従兄弟の言葉には本当に重みがあった。 当時父や従兄弟の話してくれる現場の話しは、マスコミの公開する情報どこにも載ってはいず、断片さえも拾うことが出来なかった。 わたしの中の、何事においても「現場主義」であることの基本姿勢はここが起点と言っていいだろう。
長い海外活動から帰国してからようやくフィールドを日本にと定め動き出した矢先の2006年、脳梗塞で倒れ今も尚ハビリ中の従兄弟は今、自分で語ることは出来ないけれど、その想いを受けた者が伝えることは出来るとも。
受け継いだ大切なものは、出来得る限りの情熱を持って伝えてゆく義務と責務があるとも。
なぜならそれは、ここに生きているすべての人の財産でもあるから。

次の世代に何を残せるか・・・まずは伝える一歩を踏み出そう
 



志交流勉強会 「おかざき塾」HPより転載

国際協力の現場で学んだ「いのち」柴田久史さん

プロフィール:岡崎市戸崎町出身。日本国際ボランティアセンターの企画調整部長として世界各地に滞在し、難民や貧困への救済活動を行ってきた。愛・地球博の地球市民村コーディネータ。2006年、脳出血に倒れ、現在療養中。
好きな言葉、座右の銘:-
所在地:岡崎市竜美南
リンク:-
収録日:2004年9月26日

※本稿は、2004年9月に長誉館・志葉会で行われた講演内容をもとに作成しました

カンボジアへの旅立ち

1970年代後半、カンボジアのポル・ポト政権の圧政によって、100万人規模の難民が発生しました。
国際的な問題になる中で、「日本は、お金は出すが人は出さない」と非難が高まり、
当時の若者が「自分たちで何とかしよう」とカンボジアに向かいました。
千人以上いたでしょうか。私も当時大学生で旅立ちました。

「いのち」は平等か

カンボジアでは生涯忘れられない体験をしました。
当時の私は、人の命は世界平等であると信じていました。
ところがここでは、助かる見込みのある患者しか治療しません。
たとえ生きていても、助からないと判断された患者は見放されます。
いわゆる「スクリーニング(患者選別)」です。
毎日、親子が引き離されていく姿を見続けて、大変ショックを受けました。

いのちは社会から切り離せません。
カンボジアで暮らしていれば、カンボジアの医療しか受けられないのです。
日本に連れてきて治療するようなことは、基本的にやってはいけない。
もしそうした医療を行えば、一人何百万円とかかります。
何百万円あれば、一体どれほど多くの命を助けられることか。
助からない人には治療をしないことが、カンボジアでは最善の医療でした。
人の命はその地域とつながっているのです。

利権渦巻く中で

ソマリアでは農業支援が目的で、何ヶ月も砂嵐と格闘しながら灌漑設備を敷設しました。
砂漠を緑化することは、技術的に可能になってきています。
ところが、井戸を掘れば所有権が生まれて利権が生じ、新たな問題が起きるのです。
実はそうした社会的問題の方が解決は難しい。
事前に地元の長老や行政官に話をつけてから活動を始めなければならないところを、
先走って後で大変な苦労をしたことがあります。

いのちの役割を考える

ソマリアで難民救援をし始めるとすぐに難民が増え、わずかの間に何万人規模になってしまいました。
どう解決すればよいか全く分からず、あるとき難民の長老のところへ相談に行きました。
すると長老は、「外国人で私たちに相談をしに来たのは、お前が初めてだ」と言われます。
多くの救援隊は難民に声をかけることなく、自己判断で活動していたのです。

そしてよく伺ってみると、彼ら自身が何かの役に立ちたいと思っていることが分かってきました。
私たちは都合よく、「援助する側」と「援助される側」という関係性をつくっていたのです。

後にマザーテレサの言葉で、「人の一番の不幸は、自らは役に立たない人間だと思ってしまうときである」と聞きました。
私はこの難民救援で、人として本当に大切なことを学ばせていただきました。
長老たちは、自分たちが得た救援物資を、まだ行き届いていない人たちに分け始めていました。

戦争、飢餓、・・・、世界の最前線から

湾岸戦争の現場にいました。
今の戦争は、無差別殺戮はしないと発表します。
ところが実際には、人の生活を支える重要なインフラを狙っています。
発電施設や給水施設といった町の拠点を壊すのです。
そうすると、病院では治療もできずに皆が死んでいく。
人を殺さないと言いながら、人を支える機能を壊して殺戮を行っているのです。

現在では、宇宙からの監視情報と、各地の家畜の売買価格の情報で、世界中の飢餓の状況がシステム的に分かります。
しかし、飢餓を解決しようと思うか否かは、政治的な判断です。
アフリカで起きていることなど関係ないと思えば、何のアクションも取らないだけです。
今や世界は繋がっているのですが、どうアクションを取るかは、政治家を含めた私たち次第なのです。岡崎がつくる世界平和への道

歴史や文化を知るということ

南アフリカ共和国では、1990年代にアパルトヘイトが撤廃されました。
しかしその後も、白人を見るだけで頭を下げてしまう黒人の姿があります。
心がまだ、解放されていないのです。

様々な国や地域で救援活動をする際、学校や病院を建てること以上に大切なことがあります。
それは、内面を変え、自信をつけてあげることです。
そのためには何をすればよいか。
彼ら自身の歴史を振り返ることです。
私たちにはこれほど素晴らしい伝統文化があったのだと、誇りを取り戻してもらうのです。
救援活動は、こうした歴史教育を行った地域だけがうまくいきました。
なぜなら、自立した生活を目指す過程では必ず困難が付きまといますが、
そうした時に「精神的に立ち戻れる場所」ができるからです。
この確信を得てから、私の日本に対する見方が変わりました。

幸せの原点

私は日本が大嫌いでした。
もっと言えば、岡崎、そして家族が嫌いでした。
大学も卒業せずに海外へ行きましたから、両親とは勘当同然の状態でした。今
思えば、両親の思いがよくわかります。
敗戦後、父は豊かになることだけを求めて必死に働いていたのです。
父が、そしてこの日本という国が築いてくれた豊かさの上に立ってはじめて、私は世界を飛び回ることができました。
そのことに気付くまでに何年もかかってしまいました。

世界の問題を解決する思想

日本は世界の富の2割を占める最上流階級であり、大変な影響力をもつ巨象です。
ところが皆、自分を微力な存在だと思っています。
今世界では、子どもの半数近くが餓死しています。
この現実に向き合い、新しい価値を生み出して世界に貢献できるかが私たちの課題です。
世界が抱える大きな問題は、2つあると思っています。
1つは環境問題、そしてもう1つは人間の傲慢さです。
この2つの問題を解決する思想が、実は日本にありました。

「山川草木悉皆成仏」。
これは神道の流れを汲んだ日本仏教の思想ですが、すごい思想です。
世界中のどの宗教も、人を助けるために存在します。
ところが日本では、山も川も皆平等であり、成仏できると説いています。
世界はどこも砂漠化していますが、日本は水田をつくり、養分を蓄えた土をつくり育んできました。
自然を消費せず、育ててきたのが日本人です。

そして徳川家康公の思想です。
私は世界の国々を見てきて実感するのですが、100年続いた戦乱を終わらせることがどれほど大変なことか。
家康公は70歳を過ぎてから、6万編「南無阿弥陀仏」と写経しています。
その心中を慮るべきです。
「天下は一人の天下にあらず、天下は天下の天下なり」のとおり、私利私欲を戒めたことに真のリーダの姿をみます。

岡崎がつくる世界平和への道

こうした思想を生み出した日本、そして岡崎だからこそ、「おかざき塾」の活動は意義があります。
世界は繋がっています。
岡崎をよくすることが、日本をよくし、世界をよくします。
実際、それくらいの影響力をこの国はもっています。
だからこそ、私は岡崎のまちづくりに取り組みたい。
世界のことを考えながら、自分たちの歴史・伝統・文化を考える。
おかざき塾を通して勉強し、新しい岡崎をつくっていきたい。
世の中に、これほど一人一人の意識が高い町があるのかと言われる町にしたい。
それが私の夢です。

若い人は世界へ出て世界を知ってほしい。
同時に、この地で頑張る人もいてほしい。
それは役割の違いであって、両方の人が必要です。
生き方は多様であればいい、それぞれの生き方が繋がる時代がやってきているのです。


※ 星野昌子さん(NGO団体特別顧問)の記事はコチラ
 

 

 

2010 Jim Williamsメッセージ

 
 
わたし達はあなたをここにお招きできたことをとても光栄に思います。
あなたはとても素晴しい存在で光り輝く存在です。
あなたは光り輝くシリウススターシステムの先生でもあります。
今あなたはシリウスやプレアデスのスターシステムから大変サポートを受けています。
今日は特にダウンロードをメインに進めてゆきます
特にシリウスからの情報やいろいろなエネルギーをあなたにダウンロードしたいと思います。
あなたはシャスタ山や富士山、キリマンジャロなど意識ではわからないかもしれませんが
自分の中のソウルでスターシップに乗って、いろいろな場所にさまざまな情報やエネルギーを届けたり、持っているものをあなたの周りにシェアしたりしています。
そのことに関してもダウンロードしていきたいと思います。
あなたは意識ではわからないかもしれませんが、ジムとはとても古い知り合いです。
かつてあなた方はいくつもの惑星間のスターシステムの情報交換やエネルギー交換に対してパートナーシップを組んで、さまざまな情報を届けたりしていました。
特にジムとはアルクトゥルスでの関係が一番深いので、その時の情報のダウンロードもしていきたいと思います
この時に、ジムとあなたは協力して宇宙言語システムの開発に従事していてそれを進化させてきました。
その宇宙言語というのは地球で話される言語ではなく
人々のハートとハートとのコミュニケーションができるための電気的な宇宙言語というものを発達させてきました。
それはハートを通して、言ってみればハートの通訳者、翻訳者のような役割を果たしていました。
それを今世でもこれからジムとあなたはやってゆくでしょう。
今世地球で生まれた人たちにとっては、これからそういったハートとハートでコミュニケーションできる言語というものが大切になってきます。
それを人々との間にあなたが伝えたりダウンロードしたりということをこれからしていきます。
今は内なる意識の繋がりでジムとしていますが、これから2・3年の間にそれをジムと一緒にもっと意識的にも肉体を伴った形で宇宙言語のシステムをダウンロードしたり、人々に伝えたり、翻訳したり、というようなことをこれから人々にしてゆきます。
 
あなたはこれまでたくさんの転生をしています。
北アフリカ・モロッコ・チュニジア・アルジェリア・エジプトもまた・ルビニアなどなど
あなたは寺院での女帝のような役割でたくさんの人々、生徒達を教え導いていました。
今世あなたが出会っている人達はかつてのあなたの生徒であり、これからは未来の生徒達が現れてくるでしょう。
また、あなたはユカタンマヤのピラミッド、ペルーマチュピチュのピラミッドなどでも人々を教え導いていました。
アトランティス時代では、あなたはクリスタルチェンバーと呼ばれるクリスタルの部屋でたくさんのことを教えていました。
その時代の仲間達、ガイド、スピリットたちが今ここにこうして集い、あなたがその当時ホールドしていたさまざまな情報、音、などをダウンロードするためにあなたにキーを渡し、その時代の情報を引き出せるよう、今扉を開く作業をしています。
あなたはこれから、ジムやさまざまな人たちとまたこれらのことを今世でもしてゆきます。
 
あなたはとてもアーティストな人生をたくさん送ってきています。
あなたはただキャンパスに普通に絵を描いたりする画家ではなく、人々の魂を描くような
例えばオーケストラの演奏が音をただ奏でているのではなく、演奏する音楽を通して人々の魂に働きかけ、その魂が踊ることを許すというような働きかけをし、
それぞれの魂一つ一つがスペシャルでユニークな存在であり、その魂それぞれが独自のダンスをすることを手助けし教え導いていました。
 
あなたは惑星間システムの発達にたくさん貢献してきました。
特に惑星間の言語コミュニケーションの方法として、高度化した言語を開発して発展させることに貢献してきました。
その言語というのは、違う惑星間の存在が出会ったとき、
第三の目を通してそれぞれの情報をダウンロードするということができるという宇宙言語の開発です。
これらは現在地球の人たちが使っている言語ではなく、
内なるハートで語られる言語、
 
この第三の目を通して会話できるテンプレートが各自の中にインストールされていて、それに各自の持っているシンボル(サイン)を掲げることによってそのテンプレートを通して内なるハートの会話ができるというものです。
このことについてあなたは今世もその能力を持っています。
そしてあなたはこれから今世その能力を取り戻し、開発し、これから先地球上の様々な所に出かけて行き、
そこでハートで会話する、
第三の目を通して情報をダウンロードしてゆく、
サインを使ってテンプレートを開いてゆくという新しい言語、
人間がこれから他の国の人と話す際にこれから新しい言語を学ぶ必要がない、
ハートを通したコミュニケーションにより内なる会話できるということを人々に伝えてゆくことになります。
 
あなたはかつてヒプノセラピストとしてもたくさんの経験を重ねています。
もし今世それをされていないのであれば、これもあなたにとって非常に有用です。
 
退行催眠などによって過去を癒すという意味だけでなく、ヒプノを学ぶ過程に於いて自分自身が深い瞑想ができるようになったり、深いヒーリングを行うことができるようになります。
 
今世再びこの能力を取り戻すことによって当時の知識や能力にアクセスすることができ、情報をダウンロードすることができます。
 
あなたは宇宙の先生であり、地球の先生でもありますが、
 
これからさまざまな場所に出かけたり、さまざまな人と会うにあたり、
自分の中に在るヒプノの能力にアクセスすることであなた自身をヒーリングしたり、深い瞑想を助けたり、あなた自身がリラックスし、ケアすることができるためにも有効です。
あなたがこのヒプノセラピーを学ぶことによって先ほども言ったように深いヒーリングや瞑想が行えるようになります。
 
ジムはかつてあなたにこれを教えた先生でもあったのですが、
彼は今内なるブレインを通って今あなたにそのことをガイドしています。
そのプロセスを信頼してください。
 
そして例えるならば、ヒプノセラピーというものはダイビングの時に一人が海に潜っている間に一人が酸素を用意していて、必要なときにそれを供給するというような、一人が喋っているときは一人がサポートというようなことをヒプノセラピーの中でも学ばれると思いますが、まずはジムを信頼し、静かな場所で自分を信頼し受け入れるということをしてください。
 
あなたはかつて女性の体にも、男性の体にも宿り、教会で教える立場に立っていました。
そのときもたくさんの魂を救ったのですが、それと同時に宗教的な問題もあり、ある一定の行いをしなければ地獄に行く、性交をすることは罪なことであり、楽しみのために性交をしてはいけないというようなさまざまな教えを同時に立場上それを教えたことにより、多くの人々をその教えによって恐れさせてしまった、間違った教えを植えつけてしまったことに対する罪悪感という古い記憶があなたの中にまだ在ります。
その記憶が現在のあなたが公的な立場で人々にものを教えることに対するブロックになっているです。
これはもうかつての古いものなのでガイドにアシストを求めて、この部分をリリースしてゆきましょう。
それはあなただけでなくティーチャーの方が皆経験しているものですが、
それを恥じるのはもうやめてそのことにさよならを告げて進んでください。
先ほども伝えましたが
あなたはかつて宗教の指導者であった記憶から、今はもうわかっているのですが、人々を自分のひとつの信条、考え方で人々を改宗する必要はないのです。
今のあなたがお分かりのように、
人はそれぞれが自分の望む道、自分の信条を選択して生きてゆく権利があるということを知っています。 
ただひとつの道というものはありません。 
人々がそれぞれの道を歩むことを赦してください。
そして今は当時のあなたより、より大きな慈悲の心を持っています。 
その慈悲の心を自分にも向け、他の人々にも向けています。
以前のあなたより自分の心身の健康、自己受容、自分を愛することができていますので、
今迄も今世もティーチャーとして働いていくことになりますが、
もう、良いティーチャーにならなければならない、人々をひとつの考え方・方法に導かなければならない、という考えは捨ててください。
 
あなたは過去世においてスコットランド・イングランド・アイルランド・ルーマニア・ヨーロッパ各地・アジアなどでの転生に於いてとても花のエッセンスに対して深い関わりがありました。
今世でもBACHフラワーレメディーにアクセスするととてもいいのですが、
あなたはバッチ博士がしたように、それぞれの花がどのように人々に働きかけるのか、肉体でなく、内なるものにあわせてどの花がなににどう作用するのかに対しての造詣が深く、あなたも彼と同じ能力と同じ知識を持っています。
なので今世バッチフラワーレメディにアクセスし、当時の知識を取り戻すと、自分独自のフラワーレメディ・エッセンスを創れますのでぜひそうしてください。
アロマセラピーもおススメします。
あなたはアロマの知識も大変豊富に持っています。
アロマセラピーをすることによってあなたの中に再び力強さが齎されますし力付けてくれます。
アトランティスやその他エジプトでもそうですが、
塩を入れたお湯の中にアロマを足すことによって、身体をそこに置き去ったまま肉体から抜け出し魂だけで違う惑星システムなどに移動する方法の知識も豊富です。
当時はアロマが鍵となって、このアロマとこのアロマを使って、というようにアロマを鍵として肉体を抜け出て魂であちこち移動できる、そういったことをしていました。
今世でもそれをするのであればアロマは有効でしょう。
たくさんの情報に驚いているかもしれませんが、これらはあなたにとって初めてのことではなくかつてやっていたことの一部でしかありません。
 
ガイドにアシストを求めればこれらの情報はあなたの中にダウンロードされます。
Q:このまま意識的に働きかけるだけでよいのでしょうか
まったく問題ありません。
あなたが口にする言葉についても何を語るかについても何も心配ありません。
あなたはすでに深いレベルで魂と魂との会話ができています。
あなたはすでに今もジムともわたしとも内なるものを通っていろいろな会話をしています。
わたし達ガイドもそうですが、あなたがこうしてほしいああしてほしいと口にしなくてもその言葉を聞かなくても、あなたとわたし達は魂と魂の会話をしており、あなたの魂の望むこともすべて伝わってきており、わたしはあなたに必要エネルギーを与え、あなたの未来にとって必要な新しい情報や波動、さまざまなものを、言葉にしなくとも内なるものを通して伝え行われていますので、あなたが自分が何を言うかなどを何も心配する必要はありません。
 
Q:わたしからも伝わっていますか?
もちろんです。
あなたはとてもパワフルなので、わたし達はカメラを通してあなたの存在を見ているだけであなたの深いレベルの愛や光やいろいろなエネルギーを、あなたがそこに存在しているだけでわたし達は感じています。
ジムも感じていますし、スピリットガイド達も感じていますし、今日のセッションに集っている全ての存在たちがあなたからの強いエネルギーを感じています。
すでに深いレベルで会話が通されているのですが、よりあなたが自分の中で確認するためにも、ジムとメールやスカイプのやり取りをしたり、同じような友人と話しをしたりガイドにサポートを求めるといいでしょう。
あなたの中には深い叡智があり光がありたくさんの知識をすでに持っていますので、あなたは言葉を必要としなくても深いレベルで魂の会話ができるし、人々の変容のサポートもできますので、自分を信頼してください。
そして今も内なる交流は続いています。
 
今日はここにいるジムはもちろんわたし達スピリットガイド、そして通訳はじめここに集っている皆さんに深いエネルギーの交流が齎されています。 
それだけではなく今回のセッションでは、あなたのさまざまなセンサーの回路を開いています。 そしてあなたの内側にあるさまざまな小部屋や図書館そしてメディテーションルームあるいはテンプルといったものを開いたり、活性化したりしています。
特にテンプルに関しては、これから頻繁に訪れてください。
そして日々わたし達のアシスタントを求めてください。
そして今あなたが得られているよりももっと容易に情報を引き出せるし、魂と魂との会話ができます。 そしてそこにはみんなが集っていてあなたをサポートしています。
 
あなたは決して一人では在りません。
わたし達はいつもあなたとともに在ります。
そして今日わたし達があなたに働きかけたことを信頼し続けてください。
 
今日はセラピスベイがあなたの隣にいてサポートしています。
今も彼はあなたの肩に手を置いていて今日のこのセッションの間に行われていた深いレベルでのイニシエーションをサポートしていました。
セラピスベイが伝えています。
自分自身をもっともっと信頼してください。
そして起こっている事のプロセスをもっともっと信頼してください。
そして信頼することによって、あなたの魂の乗り物であるマカバ、
この内なるスペースシップであるマカバを活性化することができます。
そしてこのマカバをさらに活性化するようにセラピスベイにもっと求めてください。
そうすることによりあなたはこのマカバをもっと使えるようになり
あなたが宇宙レベルでの会議に出席したり、ジムや魂の友人達と会ったり、光のセンターの中へ容易く行き来できるようになるでしょう。
これから2・3年かけてそれをマスターしてゆくでしょう。
今、大天使メタトロン・ザドキエル・ラファエル・レディナダ・クレオパトラ・ネフェルティティ・イシスといった存在たちがあなたの元へ集い、あなたのイニシエーションをサポートしています。
そしてこれから24時間かけて、あなたに必要なエネルギー・情報・波動をダウンロードしてゆきます。
その作用として泣きたくなったり笑いたくなったり肉体的なシフトチェンジのために熱がでたりするかもしれませんが、
自分を信頼して、そしてプロセスを信頼して怖れを抱かないようにして下さい。
そしてわたし達ガイドにアシストを求め、グランディングし、
それらが統合が進み定着するように求めてください。 
とにかく自分を信頼してください。
この24時間後には、あなたはかつてない生命の軽やかさ、躍動感、自由さ、ご自身の光が増し開かれた感覚といったものを感じることでしょう。
これらは全て今日のギフトです。 
どうぞ受けとって下さい。
 
あなたはしばしばご自身の中に在る数々の神殿を頻繁に訪れています。
アトランティスの海に沈んだクリスタルテンプルやたくさんの山々、ヒマラヤ、ロッキーマウンテン、シスキューマウンテンなどの中に在る神殿を頻繁に訪れています。
そこでジムや魂の友人達と集っています。
つづく・・・
 
.

2011 Jim Williamsメッセージ

 
祝福された親愛なるあなた、
私たちガイド、スピリットは、今回のセッションができることをとても嬉しく思っています。
前回のセッションから90日もたっていないのですが、
あなたの内側、インナーレベルではとても大きな進展が起こり、
そしてあなた自身も内側で大きな探求をしてきました、
そしてあなたは地球にいながら、違う惑星にも旅をしていたようです。
 
今回のあなたの年齢は、魂、あなた自身にとって、完了のサイクルになります。
おすすめしたいのは、日記、ジャーナルをつけてみてください。
過去10年のうちに、あなたが完了したことを書き出してください。
過去10年あなたが一番喜んだことは何ですか?大切なことは何でしたか?
そしてこれから3-7年後、または2年後、来年、次の誕生日までに、
どこに向かっていきたいですか?
 
 
あなたには今後将来があり、能力も時間もあります。
地球の内側に入っていくような入口に入っていくような、そんなときです。
自分の意思に従って、
コミットメント誓いをもって、喜びをもって、進んでいってください。
 
一つは、手放すこと、リリース。
今までの人間関係を見直す時期でもあります。
新しくできあがる人間関係もあるでしょう。
いくつかの人間関係は消えていくものもあるし、
大切なものとして残るものもあります。
それは、新しい成長のサインです。
外に向かってさらなる成長をしていくときでもあります。
新しい人間関係、新しいフィールドを招き入れる準備をしてください。
 
今後3カ月ごとにあなたは生まれ変わり続けます。
新しい人間になるのです。
鏡で観ても、自分でその変化に気づくくらいです。
あら、こないだの古い私はどこかしら、というかんじです。
拒まないでください。
 
あなたは過去転生をオーストラリア、チェコスロバキア、ロシア、アジア、中国日本でもしています。
女帝クイーンであったことが多々あり、それを今生で思い出し、
そのエネルギーを自分のフィールドに取り戻す時がやってきました。
そのまま進み続けてください。
そして周りがあなたをそう扱うこと、
つまり忠誠心をもって扱われることを許して下さい。
周りからも自分でもそのように扱われることを期待してください。
それは大切なことです。
 
そして自分にギフトを与えることを許してください。
期待したギフト、そうでないギフトも自分に与えることをさせてください。
つまり、自分の世話をすること、ケアをしてあげることです。
マッサージやサウナなどのボディケアを与えてください。
肉体レベルでもオープンにそれを受け取ってください。
サバイバルを超えた、意識的な受け取りの時期です。
もっとたくさんの愛もあなたは受け取る価値があります。
エネルギーフィールドで、ギフトを受け取り、感謝を示してください。
寛容にならない(自分が与えすぎない)ということではなく、
自分がオープンに受け取ること。
物質、健康、豊かさに対してです。
友人からも夕食に誘われたり、マッサージやサウナ、バケーションに連れて行ってあげるといわれることがあるかもしれません。
 
また願い事リストを書いてみてください。
アメリカに行きたい、6か月以内にしてみたいこと、など。
これからは他人や周りに頼ることなく、
しかし自分ですべてする必要もなく、物事がマニフェストしていきます。
宇宙が、他人が与えてくれることもあります。
独立心をもって自分ですべてやる必要はありません。
他人とお互いに共同創造しながら進んでいきます。
 
つまりあなたには新しい友人もやってきます。
逢ったことのない知らないような人に見えますが、
その人はあなたにギフトを与えてくれることもあります。
それにOKになってください。
その人はあなたを利用したりコントロールしに来たのではなく、
ただあなたをケアしたいだけなのです。
 
インド、ギリシャ、ポルトガル、メキシコであなたは双子だった過去生があります。
その双子の片方がソウルレベルでやってきていて、
あなたの人生にもこの9カ月のうちにやってきます。
見たことのない人なのですがお互いに知っているとわかり、
肌の色も違うかもしれないけれど、相手もあなたのことをわかっています。
過去生で友人であったこともあるのでとても親密感を感じるはずです。
親密感を感じすぎて心配になるかも知れませんが、大丈夫です。
 
これからは素敵な時間であるはずで、自分を信頼し、
人に会うことで刺激、インスピレーション、アイデアも受け取るはずです。
水泳をしたことがなければ、水泳をしてみたり、山に登ってみたり、これはあくまでもたとえですが、
そういったしたことがなかったこと、
自分にとって冒険であることリストをつくってみてください。
バイクに乗ること、自分に許していなかったことなどです。
1日10キロ歩くとか、サンバ、チャチャなどの社交ダンスをならったりとか、
新しいアドベンチャーをし、ギフトを与えてください。
自分の能力に不信感があったことをやってみると、
それは喜び、楽しいことになり、スキルまで学べるようになります。
自然の中だけでなくたとえば本を書くような、そんな可能性もあります。
情報を受け取り、書取り、その情報は滝のように流れてくることもあります。
 
また肉体の世話もしてください。
先程伝えた水泳、バイク、ダンス、楽器などにオープンになると、自分にも満足感が与えられるようになります。
新しい冒険、新しいリスクに対してオープンになること、 能力を信頼すること。
自分の見方さえも手放し、新しい自分を見つけてください。
 
過去生での友人にも逢います。
アイデアや過去生での能力も受け取りますのでオープンであり続け、自分は守られていることを知っておくこと。
 
あなたは自分のハイヤーソースである高次元の源や、魂の友人たちとテレパシーを使ってコネクトしているのですが、まだそれを信頼しきれていないところもあるようです。
 
これは現実で起こっています。
耳元で友人が囁いているように聞こえることもあるでしょう。
精神科に行かないといけないと思うくらい、はっきりとです。
しかしこれは、新しいチャネル、道が開いていることであり、
コミュニケーションの方法、
遠隔で強烈に存在たちと繋がる個とであります。
怖がらないで、ドアを開けてみてください。
 
クリエイティブに、インスピレーションと勇気をガイドのメッセージから受け取ってください。
毎日10-15-30分、ガイドを招き、アシストしてくれますので、インスピレーションをインプットしていてください。
書いても録音してもよいです。
そして現実もドラマチックに早く、ポジティブに変化していきます。
新しい経験、冒険をすること。
自分が誰であるかをもっと大きな意味でわかるようになります。
 
毎日私は準備ができたと伝えてください。
もっとインスピレーションや喜びがやってきます。
 
質問:チャネリングについて
チャネリングはすでにしていますが、
もっとそれに気づきながらしていく、能力にも気づいていくでしょう。
自分にそれをすることを許すこと。
つまりガイドが意識的にあなたに伝えてきます。
実際みんなある意味チャネリングはしています。
会話の途中にふと内側から、自分では言葉がでてくる前に、
思ってもみないことを言うことがあります。
それがある意味チャネリングの形でもあります。
 
コントロールを手放してください。
自分が言うことに対してもです。
ガイドに許可を与えること。
ガイドに対してそれをしたいと伝えると、意識的に伝えてきてくれます。
 
したいならそれはミステリアスな奇妙なかたちではなく、
ガイドは遠くにいるのではなく、いつもそばにいること。
インプットが欲しければ、ビジョンを通して見せてくれるように、
自分でクリアに理解できるようにお願いすること。
まるでラジオの周波数を合わすかのようです。
チューニングを合わせることです。
あなたはそれを受け取れるアンテナを持っています。
内側のパワフルなアンテナです。
使い方を学んでください。
伝えたい、受け取りたいと願ってください。
助けが欲しいと伝えてください。
インスピレーション、勇気、インフォメーションを与えてください、とお願いすることです。
リラックスし、受け取る意図を持ち、ドアを開くこと。
今は無意識にしているかもしれませんが、
これからは、コネクトしていることが意識的になります。
願ってください。
素敵なよく出来た言葉でクリアに伝えようとは思わずに、
すでにそれをしていることに気づき、感じてください。
コネクション、つながりを感じること。
オフロに入っているかのようにその光とエネルギーに浸かってください。
リラックスするとエネルギーはやってきます。
宇宙の図書館に簡単に行けるような、
図書カードをもって具体的に欲しい情報をとりに、
自信を持って行けることができます。
ただ練習することです。
 
自信をもって自分はユニークな存在であることを知ること。
高次元の意識、図書館に入るには、
コンビネーション(暗証番号のようなもの)が必要です。
それはみんな違います。
他人の暗証番号ではなく、自分のドアを自分の方法で開けていきます。
ロックをはずす感じです。
必要な領域の、自分のキーがあります。
 
あなたは沢山の与えるオファーすべきものがあります。
素晴しく、クリエイティブなチャネルですし、
今していることは準備している状態であり、
新しいことにどんどん気付いていってください。
 
すべてはユニークなあなただけの経験です。
 
高次元のチャネルになることは、あなたのユニークな独自の経験です。
つまりあなたのやり方でよいということ。
セントフランシスの言葉、
神の道具となる。。。。
祈り、リピートする、能力にオープンになる。高次元のチャネルになること、
それはあなたにとっても周りにとっても、大きな変容をもたらします。
あなたは神の道具です。
 
あなたは生まれもっての先生です。
過去生でも、ギリシャ、ヨーロッパ、フランス、ユカタン、アジア、アフリカ、あらゆる大陸で先生をしていました。
メディスンウーマンであったこともあります。
アカデミックな大学や専門を教えたこともありますし、
宗教的なスピリチュアリティを教えていたこともあります。
 
その過去生で先生であった自分を招待してください、
自信と能力を取り戻しチャネルをオープンにすること。
素晴らしい先生でした。
今もそうです。
周りはあなたの生き様を見ています。
あなたの生き方を、肉体を持った存在もそうでない者たちも見ています。
人生にコミットし、尊厳を持って生きていくこと。
それを見ています。
人間関係や日常生活にもチャレンジがあるはずですが
それにユニークな形で取り組んでいることも見ています。
 
新しいサービス奉仕にもオープンでいてください。
毎日自分がオファーしているものはなにか、
ユニークなその方法をシェアしてください。
報酬を受け取ることにもです。
過去生の友人がアシストしてくれます。
スピリチュアルなギフト、
マニフェストすることにもアクセスさせてくれます。
アドベンチャーにもです。
 
オープンであること。
ガイドのアシスタントを受け取ること。
それを日々に生かし実践することです。
 
質問:エジプトについて
今エジプトは再誕生をしている時期です。
そのエジプトの変化に対してオープンでまたセンシティブ感じやすくなってください。
そこでコネクトする人たちに対しても意識的であることです。
現在の政治状況のために旅は中止になるかもしれません。
もし行ければ、アレクサンドリアに行ってみるのもいいでしょう。
ツアーの場合は、守られていること、
誰も怪我をしないことをお願いしてください。
いま急進的なこと、政治的なニュースがエジプトで起こっています。
人々は今までの抑圧に対して疲れています。
 
エジプトに行く理由は、
あなたは過去生で統治者でもあり奴隷でもありました。
親密で親愛の感情を擁くはずです。
行く前に、エジプトを治めた女神、イシス、クレオパトラなどにお願いすること
助けてもらい、叡智を受け取り、行くべきこところい行けるように、そこでアライメントできるようにお願いしてください。
そこはあなたにとって、エンパワーメント、過去のパワーを取り戻すところです。
変化に対してオープンでリラックスでいてください。
そこでのあらゆる可能性にたいして、耳、ハート、マインドでオープンであること、
ガイドにお願いをし、感情、内側でのギフト、インスピレーションを祝福すること。
 
今年は気持ちも上がり、アップリフティングな喜びにあふれた年になります。
耳、ハートにオープンでいてください。
 
 
<聖フランシスコの平和の祈り>
主よ、わたしをあなたの平和の道具としてください。
憎しみのある所に、愛を置かせてください。
侮辱のある所に、許しを置かせてください。
分裂のある所に、和合を置かせてください。
誤りのある所に、真実を置かせてください。
疑いのある所に、信仰を置かせてください。
絶望のある所に、希望を置かせてください。
闇のある所に、あなたの光を置かせてください。
悲しみのある所に、喜びを置かせてください。
主よ、慰められるよりも慰め、理解されるより理解し、
愛されるよりも愛することを求めさせてください。
なぜならば、与えることで人は受け取り、
己を忘れることで人は見出し、
許すことで人は許され、
死ぬことで人は永遠の命に復活するからです。
.

聖ジャーメインメッセージ 

 
わたしはマスター聖ジャーメインです。
 
愛と尊重をもってあなたにご挨拶します。
そしてわたしはあなたのメインガイドの一人でもあります。
今あなたはとても大切な変化変革に到達しようとしているとても大切な時期です。
そのタイミングでこうしてあなたとお話しできるのはとても大切なことです。
そしてこれからわたしがあなたにお伝えするエネルギーもしくは智慧は、あなたを啓発していくこととなります。
わたし達は何度も共に転生をしています。
そしてあなたはわたしの魂を経験すべき時です。
今あなたが受け取り受け入れるべきエネルギーというものは莫大なものです。
さまざまな古代の文明から受け継いだ叡智が今、莫大な情報量としてあなたに齎されようとしています。
今あなたが使える、もしくは繋がれる情報というのは、地球での転生の情報というよりは、スターシステムの転生から齎される情報、というとても古いものになります。
その智慧はマインドをマスターすること、アセンション(意識を上昇させること)を含んでいます。
わたしのエネルギーを受け入れることで、あなたは他の次元をみていくことになります。
地球上にはわたしと繋がっている人はたくさんいますが、
あなたもわたしを通じてアセンションのエネルギーを地球上に降ろしてゆく必要があります。
あなたはわたしと繋がって、わたしのエネルギーをヒーリングのエネルギーとして使うことも出来るし、智慧として情報として使うことも出来ます。
これは古代の智慧として、エネルギーだけでなく、聖なる秘密の幾何学=神聖幾何学情報も含んでいます。
ですから、あなたはもっと智慧や光のある現実に入っていってください。
あなたがさまざまなエネルギーのレベルを上げれば、あなたの存在も上がってゆくはずです。
そうすることであなたはご自分の真実を統合してゆき、しいてはそれが人類への貢献となります。
わたしのエネルギーと繋がることが必要だと言いましたが、
わたしの炎、紫のエネルギーと統合するということも求められています。
あなたには大天使のサポートもあります。
大天使ザドキエル、大天使アマフェスト(クリスタル)です。
 
今わたしがあなたに近づけようとしているのは、MAGIC=魔法のエネルギーです。
この魔法の力というのは、マインドをクリアにし啓発するエネルギーを発信するということです。
それは光を操作する能力であり、光を顕現化するエネルギーです。
わたしがこれから紹介するエクササイズを続けることによって、
あなたはスピリチュアルな認識の段階をより高いものに上げてゆけるはずです。
あなたにとって今一番最初にやるべきことは、もっとわたしのエネルギーと完全に繋がるということです。
わたし達は、ハートチャクラレベルではなく、魂レベルで深く繋がる必要があります。
あなたが好きなタイミングで瞑想に入ってください。
そこで瞑想状態に入ったら、あなたの魂のエネルギーをハートチャクラのあたりに認識します。
そこから豊かにあなたの魂のエネルギーがハートチャクラから広がってゆきます。
この状態でわたしを呼びます。
そしてわたしを呼ぶための特定の音があるのですが、それはあなたの心がすでに知っているトーンです。
あなたが頭の中でわたしの名前を何度も「聖ジャーメイン・聖ジャーメイン・聖ジャーメイン」と繰り返し呼ぶことで、わたしを呼ぶための音、音楽、歌が現れてくるはずです。
その歌やトーンはあなたとわたしを結ぶ絆となります。
そしてこのことを他の人に伝えてもいいでしょう。
わたしとの繋がりを作った後、
呼吸によってわたしの紫の炎エネルギーを取り入れ、ハートへと送ってください。
そうすることでわたし聖ジャーメインの魂と、あなたの魂とが一つになることになります。
そしてその一つになったエネルギーを体の全てに送ってください。
そのことがさまざまな過去の記憶を呼び覚ますことになり、
わたしがこれからあなたに伝えることを理解することに役立つでしょう。
 
まずわたしに智識とアセンションするための種をハートに植え込むことを求めてください。
このアセンションの種は、まずあなたの足元にあるアーススターチャクラに設定します。
そして一度その種がアーススターチャクラに植え込まれると、そこからわたしのエネルギーが螺旋状に上がってゆくことになります。
ですからこの回転する紫のエネルギーを、呼吸によってアーススターチャクラに入れてゆく、ということをイメージするといいでしょう。
その後、足のチャクラ、第一のチャクラにも同じことを行ってください。
 
その種をそれぞれのチャクラに植え込み、回転する紫のエネルギーを呼吸を使って取り込んでゆくということを第一のチャクラ、第二のチャクラ、第三のチャクラ、と順次行ってゆきます。
そしてハートのチャクラ、喉のチャクラ、第三の目のチャクラ、クラウンチャクラ、そして頭の上にあるソウルスターチャクラにも行ってください。
そうすると、そのソウルスターチャクラから莫大な量の光と情報が入ってきます。
そしてそのソウルスターチャクラからのエネルギーをチャクラを通じて下に下ろしていって、それをハートチャクラに溜め込むことを設定してください。
そこに溜め込んだエネルギーをハートから両腕に流し掌まで流してゆくと、その両掌にクリスタルが現れます。
このクリスタルは神聖幾何学のクリスタルであり、宇宙を映し出す鏡でもあります。
これは紫色のクリスタルですが、クリスタルであると同時に鏡として全宇宙を映し出して、
あなたが全宇宙の智慧を把握するためにその姿を映し出してくれる鏡としても機能しています。
ですから、このクリスタルを持つということは、創造主の智慧の全てをあなたが手中にしていることにもなります。
ですから、頭が混乱したり、物事を明確にしたいような時は、
両掌の中にこの紫色のクリスタルがあることを想像しながら第三の目につけます。
そして第三の目でそのクリスタルを視るようにします。
あなたはここからさまざまなイメージ、さまざまな文明やさまざまな次元のイメージを見せられることになります。
それ以上に大切なことは、そのエネルギー自体を第三の目から呼吸と共にあなた自身の体の中に取り込み、全体に流し込むことによって、あなたがそのエネルギーと統合されることです。
そしてこのまま瞑想を続ける場合は、大天使サンダルフォンと大天使アマフェスを自分の後ろに呼びます。
そして彼らに、自分の存在全てにマトリックスパターン・神聖幾何学パターンを組むように求めます。
このあなたの存在・オーラ場に組み込まれたエネルギーパターンは、創造主とあなたを繋げるためのものです。
それら神聖幾何学パターン場を経験するには、ただあなたがそれを求めることが求められています。
自分の中に神聖幾何学場を組むことによって、あなたはさまざまなエネルギーを自分に取り込むことができるようになります。
つまりこの神聖幾何学場を通して膨大な創造主のエネルギーを直接取り込み統合することが出来るようになるというわけです。
 
あなたにはアセンションのためのさまざまな神聖なテンプレートが組み込まれています。
あなたは瞑想等をすることによってそれに気付き始めるでしょう。
 
あなたには二人の大天使があなたの癒しのために大きく働きかけています。
その二人の天使はあなた自身を癒すだけでなく、あなたを通じて他の人を癒すことにもなっています。
あなたを通した癒しの能力というのは、
人々と創造主とのバランスの取れた繋がりを調整するというものです。
これはアライメントのエネルギーでもあるので、
あなたや他の人の現実的なバランスが崩れた時に整えることにも使えるエネルギーです。
大天使アマフェスを右肩に、大天使ザドキエルを左肩にイメージしてください。
そして彼らが自分の肩、背中、そしてハートチャクラにエネルギーを送っていることをイメージしてください。
そのエネルギーは腕を伝って手に流れ、同じようにハートチャクラに流れてゆきます。
このエネルギーは自分に送ってもいいですし、人に送ってもいいでしょう。
これは何をしているかというと、
あなたはエネルギーを送ることによって、神聖幾何学的なパターンを送っていることになります。
つまりあなたは
エネルギー的な神聖幾何学パターンを他の人のオーラに設定することが出来るということです。
当然それを自分に対して行うことで、自分のコアな部分に働きかけ、深い変革を促すことが出来るはずです。
これはもちろん練習する必要のあるエクササイズですが、あなたは過去にもう何度もこの状態を経験し到達しています。
あなたはわたしとの繋がりを深めることで、そして先ほどの二人の大天使とも繋がることで、もっともっとパワフルになるはずです。
 
わたしとセラピスベイはあなたととても深いつながりを持っています。
わたしとセラピスベイは、紫の第7の光線のパワーを持ったダイヤモンドをあなたのハートに設定します。
 
このダイヤモンドはマインドをクリアにし、マスター性を高めるためのエネルギーです。
それはあなたのマインドを拡大させることになります。
 
なぜあなたがそれを持てるのかというと、
あなたがそれを求めれば、あなたはプラネタリーヒーリングをやってゆくことになるからです。
 
あなたはこのヴァイオレットダイヤモンドクリスタルを統合しながら、マインドを使ったプラネタリーヒーリングをしてゆくことになります。
 
あなたはマインドや思考をを使ってこのヴァイオレットダイアモンドのヒーリングのエネルギーや意図を地球に設定してゆくことを求められることになります。
 
わたしとセラピスベイがこのヴァイオレットダイヤモンドを設定している時に、
あなたはその作業を補強するアファメーションを唱えるといいでしょう。
それによりあなたの思考も拡大され、それが地球に設定されてゆくことになります。
そのアファメーションは愛、とか平和、とか調和とかのほかに、文章を自分で作ってもかまいません。
それを使うことであなたの癒しにも繋がりますし、
今アセンションしようとしている地球のサポートし、あなたがマインドをマスターすることにも役立つでしょう。
あなたはマインドがクリアになり、思考が活性化し、そしてパワフルになったことに気づくでしょう。
 
わたしのエネルギーとセラピスベイのエネルギーは似たところがあります。
わたし達は二人とも自らを制御する力を持っています。
そしてわたし達は二人ともアトランティスの存在であり、初期のエジプトでパワフルな先生でもありました。
 
そしてわたし達は両方とも魔法使いでもあり、そして高いレベルでの変革を促す存在でもあります。
そして今言ったことすべては、あなたに当てはまることでもあります。
 
あなたはアトランティスで、そして初期のエジプト、つまり古代エジプトでも高い位の女性神官としてわたし達、わたしとセラピスベイと共にいたことがあります。
 
神殿の外にいた人々は、わたし達が魔術を使っているように思ったようですが、わたし達はただエネルギーを操作していただけです。
 
ですからわたし達はまず、あなたがあなた自身が持つ自分を変革し人々を変えてゆく能力、そして魂の目的を持っているということを思い出して欲しいと思います。
 
あなたがもっと完全に強くわたし達のエネルギーと繋がることによって、アトランティス時代、そして古代エジプト時代のあなたの教える能力が戻ってくることでしょう。
 
ですから今あなたの現実で起こっていること全ては
あなたが他の人の変革をサポートするために、まずあなた自身の変革を起こそうとしているものです。
 
紫のエネルギーはとても活発なスピリチュアルな知性だともいえます。
でも今はそれ以上にまず智識やエネルギーを自分に統合することにフォーカスしてください。
瞑想の中で背骨を意識しながら、わたしがあなたの背骨の中に光のディスクを入れてゆくのをイメージしてください。
これは智慧の本のようなものでもあります。
 
ターコイズとゴールドの色の混じった紫色の光のディスクがあなたの背骨にどんどん上まで貯まっていくことによって、あなたはもっと自分を受け入れ、もっと自分を表現することが出来るようになります。
 
あなたはその満たされた背骨によって、もっと地球とも繋がり、
そして天、創造主とも繋がり、しかもエネルギーを拡大させてゆくことになります。
そしてそれがあなたの自信にもなり、あなたのエッセンスである魂に繋がることにもなります。
 
 
他にも二人の大天使があなたに働きかけています。
大天使ジェロミエルと大天使ジョセフィーヌ
この二人は主にスピリチュアルクレンジングを担当しています。
そのエネルギーは青と緑の混じった淡いトルコ石の色をしています。
それはスピリチュアルなブロックを取り去り、洗浄するパワフルなエネルギーです。
このエネルギーをクラウンチャクラから体全体に流していくといいでしょう。
あなたは手を使って、
まるで液体が体に流れるようにそのエネルギーを体やオーラ場に流し入れてください。
これがブロックを取ることにもなり、あなたがまだオーラ場に持っている恐れを取り去ることにも役立ちます。
そしてあなたが他の人とシェアできるエネルギーもあります。
特に今言ったクレンジングのエネルギーはハートに流すとよいでしょう。
そうすることであなたのハートを広げてくれるからです。
 
あなたは天使界と深い繋がりがあります。
あなたは内なる世界で天使のエネルギーを学び、実際天使になることを達成しました。
 
あなたは地球を癒すため、そして祝福の川を地球上に創るために、この天使との繋がりを使ってゆくことになるでしょう。
特にこれはあなたが水の近くにいる時、もしくは雨が降っている時などに使うといいでしょう。
ですから水に対して、もしくは雨に対して天使の波動を送り、
そしてその愛や祝福が、その水から全人類へとその恩恵を広げてゆくことをイメージしてください。
 
あなたは地のエレメントとも繋がりが深いですが、何よりも繋がりが強いのは水のエレメントです。
この水のエレメントの存在とは、創造主の神聖さを受け入れたり、それを表現することに適しています。
ですから愛や祝福をシェアする時、この水のエネルギーと天使のエネルギーを一緒に使ってください。
このエネルギーは、日本の水を癒すということに使ってもよいでしょう。
 
 
そう、あなたはあなた自身がとてもパワフルな存在だということを覚えていてください。
あなたはエネルギーを操って変革させるエネルギーを持っています。
 
あなたに必要なのは、ただ自分の内側から真実を表現するということです。
特にあなたはマインドをクリアにし、思考の力を強める必要があります。
あとはエゴのさまざまな要素を開放する必要もあるでしょう。
それを認識する時、口から息と共に吹き出すことを意識的にやることもいいでしょう。
これをすることであなたのヒーリング能力も高まりますし、さまざまな智慧をチャネリングするのにも役立つでしょう。
このエネルギーを受け入れることによって、チャネリング能力や直感を受け取る能力が飛躍的に伸びるはずです。
 
そして最後に、
あなたには黄金の女神がついていることをお伝えしておきましょう。
彼女はインド人やインディアンの資質を持っています。
子供のように見えますが成熟した偉大な女神の資質を持っています。
 
黄金に輝く彼女は、天と地を繋げる役割を持っています。
これが女神ラクシュミーのエネルギーです。
 
ですから自分の中の女神の側面を強調したい時には、女神ラクシュミーを呼ぶといいでしょう。
 
わたしはあなたのメインガイドの一人であり、あなたの地球上での数多くの転生を見守ってきました。
わたしはあなたを無条件で愛し、常にあなたをサポートしています。
 
 
 
 
 
Q:エゴになっていないか?
A:まずはエゴについて完全に理解することが必要があります。
自分のエゴが実現させたと思う出来事を書き出すといいでしょう。
エゴは小さな恐怖をあなたに与えることをサポートします。
エゴは自信を与えてくれることもあり、そして自分にとって何がネガティブなのか、 何がポジティブなのかを教えてくれることもあります。
ただ、エゴにあまり力を与え過ぎてしまうと、すべてをコントロールしようとしてしまいます。
ですからエゴを使うべき時と、そうでない時があり、あなたがその時を決めるべきです。
それをするには、常に愛を持つということです。
ですからアファメーションとして「わたしは愛である」という言葉を使ったり、もしくは他の人に愛を見出したり、それらがすべて役に立ちます。
日々それをプラクティスすることで愛についてわかってきます。そして他の人の愛についてもわかってきます。
ですから、日常生活の中で常に「わたしは愛を持って行動しているか、この行動は愛に基づいたものであるのか」ということは確認していてください。
わたしの思考は愛に基づいたものであるか、自分や他の人に対して思いやりがあるかどうか、忍耐強く行動しているかどうか
そしてわたしはきちんと今現在に生きているだろうか、マインドは今に意識を合わせているだろうかも確認してください。
エゴに関しては、戦いになることもありますが、エゴの側面をを正しく理解することでそれを乗り越えることが出来るはずです。
これは長い過程で取り組んで行くものですが、その過程においてさえスピリチュアルな認識を深めてくれますし、そしていずれはそれを気にすることさえ必要なかったんだなということに気がつくはずです。
自分に忍耐と愛を感じること、それが一番大切です。
それが難しいようでしたら
毎日ハートチャクラに手を当てて「わたしは自分を愛しています、そして自分の魂を愛しています」と言うとを10分続けるとよいでしょう。
そうすることで自分の魂の愛のエネルギーと自分自身が溶け込んでいるのがわかるはずです。
 
あなたは自分の献身的な神に対する行動のために自分に厳しくしているのかもしれませんが、それによってあなたのエネルギーを制限してしまうことがあるからです。
ですからその制限のエネルギーを開放すること、
魂のエネルギーと統合することにフォーカスするとよいでしょう。
 
 
<ナタリーグラッソン>
 
 
 

2012 JIMメッセージ

 
あなたを愛しています
あなたを愛しています
あなたを愛しています
 
あなたのたくさんのガイド達がそう伝えてきています。
あなたとこうして一緒にセッションできることにとても感謝しています。
あなたをお迎えし、あなたの誕生を毎日毎日心からお祝いし、あなたにエネルギーを送っています。
 
わたし達は嬉しくて踊っています。そしてあなたを護っています。
 
あなたにはガイドがたくさんいます。宇宙にも地球にもたくさんいて
いつもあなたにヒーリングのエネルギーと愛と楽しみと洞察力を送っています。
 
あなたは人生のいろいろなワクワクするような愉しみに心を開いています。
あなたはとてもパワフルな人です。
そして神聖な人でもあります。
 
たくさんの才能や天からの贈り物を受け取っていますし、
たくさんの贈り物を人々に与えています。
あなたはその受け取ったり与えたりということをいちいち考えなくても自動的に行っている人です。
 
それはあなたの魂やスピリットがとてもオープンだからです。
 
あなたはこれまで多くの人生を歩んできました。
また、わたし達は先ほども言いましたが、いつもあなたにエネルギーを送っています。
そしてあなたはいつも他の人々にエネルギーを送っています。
 
それは美しい円環になっています。エネルギーが循環しています。
それはとても美しい、受け取ること、与えることの素晴らしい驚くべき美しい円環です。
 
また、大切なことですが、あなたには古い友達がたくさんいて、彼らもあなたに愛とエネルギーを送っています。
 
あなたにやっていただきたいことは
毎朝目が覚めたとき、三回「ありがとう」と言ってください。
 
エネルギーを送ってくれてありがとう。
そしてガイドたちにもこのようにエネルギーを送ってくれてありがとう、と言ってください。
このように感謝出来れば出来るほどあなたの人生はますます豊かになってゆきます。
 
わたし達はあなたのことを大変大変大変愛しています。
わたし達はあなたがもっとあなたを愛してゆくことを学んでほしいと思っています。
そしてそれは自然に起こるでしょう。
 
そしてあなたがご自分をもっともっと愛することを許すこと
そしてあなたがもっと自分自身が愛であり、
生命であり、光であり、力であり、美であることを自覚していただきたいと思います。
 
これらのものがあなたの中を自由に流れています。
これはとても素晴らしいギフトです。
 
また、あなたは星や地球と繋がっていて、そしてすべての生き物やモノと繋がっています。
 
今この時期は、あなたが古い恐れや、もう今ではいらなくなった古い考え方を手放して、
新しいアイデアやインスピレーションを受け入れるときです。
 
たくさんの新しい知識の光やインスピレーションがあなたのところに来ています。
 
エネルギーやバイタリティーや生命力や美しさなどがあなたの中を自由に流れています。
もっとそれがどんどん流れることを自分にもっと許してください。
そうすればわたし達はとても嬉しくて踊って祝福します。
 
それは毎日毎分毎秒のことです。
ますますあなたは自由に自分を開いていってください。
自由さ、喜びを持ってどんどん開いていってください。
そうすれば祝福があなたにも自然に感じられるようになります。
またあなたの物理的な身体、メンタル体、感情体、精神体などにもこのような恵みが流れています。
 
あなたは地球とシェアする才能をたくさん持っています。
その倉庫を開いてその才能を自覚するためには
静かな時間をとってご自分の中に深く入っていってください。
そうすればあなたは感じたりもっともっと知ることが出来ます。
そういったあなたが受け取っているギフトや才能は
あなたの人生を通じてあなたの中を流れています。
これは言葉にするのはとても難しいのです。
わたし達は異なる次元にいるので人間にわかるように言葉にするのがとても難しいのです。
でも大切なのは、そのことが実際に起こっていることです。
 
あなたには信じられないようなことかもしれませんが
シャスタ山やキリマンジャロ、富士山、たくさんの山々があなたが今ここに生きていることを祝福しています。
とても信じられないかもしれませんが
あなたの大切さ、貴重さ、あなたがどんなに素晴らしいかということを
あなたに本当に知って頂きたいのです。
あなたは他の人と置き換えることは出来ません。
あなたはとても特別な方、とてもユニークな、独特な貴重な生命です。
今日のセッションでどんなにあなたが貴重であるかということをあなたにお伝えしようとしています。
 
あなたは日々新しくなっています。
 
あなたは初めて生まれたのですが、同時に何千年をも生きています。
これからどんどんあなたの内なるビジョンを開いていきます。
そして内的にみえるようになります。
もうそれは起きていますから、それがある程度のところまでいきますと
わたし達の言っていることがさらによくわかると思います。
 
また地球の古い友人からも愛のエネルギーが送られています。
あなたは他の人々に光や愛をを送ってその人たちに力を与えています。
それがあなたが受け取るもの、そして与えるものとの美しい円環を描いています。
たくさんの友人が(その中にジムさんも含まれますが)あなたを援けています。
そしてあなたはあなたの中を流れているさまざまな素晴らしい才能を
ますます自由に生き生きと循環させてください。
 
あなたはその根を地球に宇宙に持つ、高い高い赤い杉のように、
成長してもっともっと高く自由になっていってください。
 
わたし達は、あなたという存在を喜んで祝福し嬉しくてピョンピョン踊って跳ねています。
 
あなたがどれほど重要な方か、
わたし達がこの世の中に奉仕してゆくのにどれほど力を与えるか
とても重要な方だということに気がついてください。
あなたはとても古い魂です。非常に多くの転生を重ねています。
この地球でも他の星でも生まれています。
 
そしてあなたにはたくさんのパートがあります。
今椅子に座っているあなたがいるのと同時に
オーストラリア、南アメリカ、マウントシャスタ、中国、フランスなど
そしてアンドロメダにもあなたがいます。
 
それはさまざまなレベルでのあなたです。
ある部分のあなたはご自身にセッションをしていますし、
お友達にセッションしているあなたもいます。
海の中、空、マウントシャスタの誰かにも光を与えています。
たくさんのあなたがいます。
そして何度も生まれています。
 
それは理解し難いことかもしれませんが、たくさんの姿かたち、人生もそれぞれですが
あなたはそのように何度も生まれ変わっています。
 
わたし達はあなたのことをとても誇りに思っていますよ。
今あなたには新しいガイドが次々とついています。
これはシリウス系からのエイブラハムグループというガイド集団
この集団があなたをサポートしています。
 
このグループがあなたに新しいエネルギーや力、それから生き方、
人生の自由さや繁栄や喜びを与えてくれます。
 
これからの数年間、ますますそれが加速してゆきます。
 
毎朝毎夕方、つねにいつも「ありがとう」と三回言って
夢で受け取ったこと、人々と分かち合えたことを感謝してください。
また、毎晩寝る前に「シェアできて嬉しかったです」と感謝してください。
 
夜寝る前に感謝を捧げてください。
それはその日受け取った祝福に対して、
そしてこれから寝ている間にさまざまにエネルギーを受け取って
そしてそこから受ける啓示などに敏感に知覚できるように、何のことかわかるように
「わたしは心を開いています」と示すためにです。
 
Q&A
あなたはとても敏感な方ですから
あなたが他の方達に与えようとしているもの、
シェアしようとしているものに気がつかないとか
無知であったり無神経であったりすることであなたは傷ついたりしています。
だからこそ先ほど「毎日わたし達に援けを求めてください」と言ったのです。
そうすればあなたは中立でとてもクリアな状態でいられます。
そして他の方達からの痛みや誤解から免れることができます。
あなたは過去においても素晴らしいヒ-ラー、今ももちろん素晴らしいヒーラーで
過去でもそうでした。
過去においてあなたの癒すやり方というのは
他人の痛みを取って自分に転写するというやり方で他の人を癒していました。
ですから今の痛みというのは今生のものではなく
他の人のものであったり知らない人のものであったりする場合もあります。
ですから毎日、毎時間、常にわたし達に守護を求めてほしいのです。
これは自動的には行われません。
これはご自分の意思と言うものが大事だからです。
わたし達に願えば願うほど、他の人からの重荷は減ってゆきます。
そうすれば他人からの言葉から自由になり、自分の中心が定まり、グランディングし
ご自分のエネルギーの中にいることが出来ます。
そうすることで毎日をもっと楽しんでいくことが出来ます。
無知な人のエネルギーでご自分のエネルギーが吸い取られるようなことはなくなります。
 

2012 クツミメッセージ

 
親愛なるAYUMI
今莫大な量の光とエネルギーが創造主から貴方に流れてきています。
 
わたしはマスタークツミです。
わたしは今から貴方に注がれているエネルギー、そして貴方につながろうとしているエネルギーについて説明します。
今貴方には豊かなエネルギーが流れてきていて、そしてそれが貴方のスピリチュアルな覚醒の道をサポートし、同時に地球上でのスピリチュアルなキャリアをサポートしようとしています。
わたし達は貴方がそうあること、今達成している状態をとても誇りに思います。
そしてそれは大変祝福すべきことで、貴方の魂の表現はとても素晴らしいです。
貴方が貴方の直感に従ってスピリチュアルな道を進んでいることに対して、わたし達はとても満足しています。
このまま貴方が内なる導きに従い、神聖なる創造主の導きに従ってゆけば、さらに拡大してゆくことになります。
今の貴方のエネルギーの状態を見てみると、貴方の頭上には大きな偉大なホワイトイーグルが翼を大きく広げていて、エネルギーが拡大された状態にあります。
そのホワイトイーグルのいる状態というのは、貴方が常に大いなる力に護られているということ、今の状態が、強く勇気を持った状態であることを示しています。
ホワイトイーグルが示すものは貴方が自らの内側に持つ豊かで健全な智慧をも象徴しています。
そのホワイトイーグルの目は、すべての本質を見極める目で、貴方の存在の中、そして現実で起きる全てを観察しています。
そのホワイトイーグルは、常に貴方自身と共に在り、常に貴方の元に戻ってきますが、常に自由に飛べる必要があります。
ホワイトイーグルは貴方のガイドの一人でもあり、パワーアニマルガイドでもあります。
そして貴方のスピリチュアルな成長を見守り、そしてその中での現実を司っています。
それは貴方の制限を高次元に開放するという役割も担っています。
貴方が自分に設定しているリミッターを外すということの象徴でもあり、ホワイトイーグルや創造主、高次元に委ねる必要があることを示しています。
ホワイトイーグルが貴方の一挙手一投足を観察し見極めているように、
貴方も貴方自身の思考や行動の一つ一つを観察し見極め、その中に少しでも支配、コントロール、制限制約しようとする傾向が見られればすぐにそれを認識し、黄金の光と共に手放すということを求められています。
貴方が今求められていることは、貴方自身の直感を完全に信頼し任せること、創造主の神聖なエネルギーを流すための導管となることです。
瞑想する時には、自分の上にいるホワイトイーグルのエネルギーを呼吸によって取り込み、その守護、勇気、叡智と強さを受け取ってください。
そして十分に自分がそのエネルギーと繋がれたと思ったら、今度はそのホワイトイーグルを自由に空にはばたかせるイメージを持ってください。それを自由に創造主へはばたかせるということで、貴方自身も自由さ、そして拡大するエネルギーの状態を経験することになります。
そしてその過程を創造主に任せるということによって、更なる能力や豊かな知識を創造主から受け取ったホワイトイーグルが、貴方の元へそれらを運んで戻ってくることになります。
ホワイトイーグルは、貴方に「流れに任せる」ということ、「創造主に任せる」ということを教えてくれているのです。
そして、大天使メタトロンが貴方を常に守護しているということも伝えておきましょう。
貴方は内なる世界で、しばらくの間このメタトロンと繋がって共に働きかけてきました。
貴方はメタトロンと共にメタトロンが象徴するプラトン立体や天使の図形・シンボルいわゆる神聖幾何学と繋がって働きかけてきました。
プラトニックとは、宇宙の天と地の神聖な繋がりを象徴する言葉です。
そして天使的というのは無条件であること、利他的である(自己的でない)愛を象徴しています。
大天使メタトロンの包括するメタトロン立体(という言葉をしっているかもしれませんが)、それはこの宇宙に存在しうるすべての形、シンボルを包括しています。
このメタトロン立体というものは、この惑星、この地球上全てのものを創り出すための基盤になります。
そしてこのメタトロン立体に含まれている形・シンボルは、創造主が創り出した物理的な地球上に存在するすべての形を含んでいます。
貴方はしばらくの間、創造主の作る宇宙におけるすべての形・シンボルを包括するこのメタトロン立体というものについて理解しようと大天使メタトロンに働きかけてきました。
そして貴方は今、このメタトロン立体から、天使的な波動、プラトニックとよばれる形而上図形の情報を受け取れる準備ができ、ダウンロードできる状態にあります。
一つは「完全なる健康のシンボル」パーフェクトヘルス
二つ目は「感情的健康のテンプレート」エモーショナルヘルス
三つめのシンボルは「精神的な健康のテンプレート」メンタルヘルス
四つ目のシンボルは「デトックスのエネルギー、クリアリング、ヒーリングの天使のエネルギー」です。
そしてこれら4つのエネルギーやシンボルを、貴方自身が創造主とメタトロン立体から自分に取り入れることで、貴方の中で「完成されたエネルギー」のテンプレートを形成させることになります。
それらはシンボルということですが、同時にヒーリングエネルギーとして貴方の中を流れてゆくことになります。
このエネルギーをまずは貴方自身が取り入れ自分に活用することによって、このエネルギーを貴方がほかの人へ流し伝えることになります。
まず瞑想の中で、自分両手の中に光るメタトロン立体を持っているのをイメージしてください。
それはまるで「生命の木」と呼ばれるもののように、さまざまな形やシンボルが複雑に組み合わさったものだと認識していてください。
そしてエネルギーの取り入れ方ですが、
両手に持ったメタトロン立体のエネルギーから、まず最初に頭頂のクラウンチャクラから一つ目の「完全なる健康のシンボル」が一つ一つのチャクラに降りて設定されるのをイメージして下さい。
まずはその一つ目のシンボルのエネルギーを完全に感じとり、それを理解し、設定し終えてから、次の三つのシンボルのエネルギーの設定をしてゆきます。
貴方は創造主のエネルギー、創造主の現実化のエネルギーを与えられたわけです。
まずこの4つのシンボルのエネルギーを自分に取り入れてから、
貴方はメタトロン立体から自分に必要なだけ必要なシンボルを受け取ることが出来ます。
そして最終的には貴方自身がこのメタトロン立体を保持することになります。
そうなることで、貴方は大天使メタトロンのエネルギーと完全に統合されることとなり、それは天使的なエネルギーやサポートを経験することでもあります。
こうして今の時点で貴方のスピリチュアルな進化やヒーリングをサポートしているのが大天使メタトロンです。
今貴方のスピリチュアルな進化と成長の過程にとってオレンジという色がとても重要です。
このオレンジという色は、現実面においても、スピリチュアル面においても、創造性を象徴する色です。
この色は貴方の魂が持つ創造性が表面化し、具現化することを許可させる色です。
貴方のマインドやハートチャクラが、この創造主の創造力であるオレンジ色の持つエネルギーをもっと受け入れ、
そしてさらに創造力を高めることを意図して下さい。
太陽の様に黄金に光るオレンジ色の光の球体を想像して下さい。
その黄金の球体というのは、創造主の宇宙の中でも太陽系のレベルを象徴しています。ですから貴方の創造力というのも太陽系レベルの創造力と繋がって降ろす、と意図するのがいいでしょう。
この太陽系レベルという段階というのは、ヘリオスとヴェスタとよばれるマスターが司っています。
ヘリオスというのは男性性のエネルギー、ヴェスタというのは女性性のエネルギーですが、彼らも現在の貴方をサポートしています。
この二人の存在のエネルギーも呼吸によって取り入れて、そして自分の周りに引き寄せてください。
ヘリオスとヴェスタのエネルギーをハートチャクラとマインドにとりいれて、太陽系レベルでの創造力が自分の中に設定されることを意図して下さい。
それによって太陽系レベルでの創造力を貴方がこの現実の中で表現していくことになります。
それはハイヤーセルフをこの現実の中で表現することでもあり、そして自分の創造力を具現化することでもあります。
今、貴方の内なる世界では、クリスタル化されたエネルギーが貴方の中に入ってくる、という事も起きています。
それは内なる世界全てのクリスタルから流れてくるクリスタルのエネルギーです。
このクリスタルの結晶化された波動というものが、貴方の肉体やオーラ、全ての磁場を満たそうとしています。
これが特に貴方の波動を高めるのに役立ちます。もし貴方の波動が低くなった時、もしくは創造主との繋がりを持てなくなったと感じた時などにこのクリスタルのエネルギー、もしくは結晶化されたエネルギーを自分の身に引き寄せるといいでしょう。
そのクリスタルのエネルギーを感じるには、小さなクリスタルから出ている光が波のように自分の中に入ってくるイメージを持つといいでしょう。
これは創造主のエネルギーを自分に取り入れることにもなりますし、同時に物事を増幅するエネルギー、つまり貴方が達成したいこと、やりたいこと、集中したいことやモノに対するエネルギーを増幅するという作用も持ちます。
そして゛貴方自身が創造主の叡智、知識の泉である”、ということも覚えておいて下さい。
謙虚に愛をもってこの真実を認識して下さい。
次のアファメーションを使うといいでしょう。「わたしは創造主の知識の泉の謙虚な愛の表現である」
これがすでに貴方の中にすでに在る古代の智慧を溢れさせ、表現する簡単な方法でもあります。
貴方は創造主のエネルギーなり智慧の収集家、もしくは集約する存在でもあり、さまざまな星や惑星を巡り旅しながらそういった智慧やエネルギーを自分の身に蓄積してきました。
今は貴方は自分がこれまで貯め込んできたきた智慧やエネルギーの泉を活性化することに集中する時です。
そして、自分が持っているその創造主の智慧をいつどこで出べきなのか、そのタイミングを見計らうことを学ぶ、ということも意図するとよいでしょう。
次に紹介したいのが、「神聖なる自己と繋がる」というエクササイズです。
神聖なる自己を認識するために、鏡の前に立ちます。そして神聖なる自己を呼び求め、その神聖な自己を見ることを意図します。
まずは目を閉じて鏡の前に立ち、神聖な自己が出てくるということを意図します。そしてその神聖な自己が自分の中に入ってくるのを感じます。
目を閉じて鏡の前に立ち、自分の中に神聖な自己が入ってくるのを感じたら、目を開けてその鏡に映った神聖な自己を確認します。
そうすることで、視覚レベルで、肉体レベルで、もしくはエネルギー、スピリチュアルレベルでの神聖な自己を確認することが出来ます。
そして次のアファメーションを言います。「私は簡単に神聖なる自己を見て取ることが出来ます。」
では今、貴方に一つ質問があります。正直に答えてください。
貴方は自分がすでにチャネリングをし始めていると思えていますか?
では今私マスタークツミ、そしてマスタージョアル・クールが、貴方のチャネリング能力を認識することに関してのサポートを行います。
なぜなら貴方にこうして敢えてこの質問をすることで、貴方がどこにフォーカスすべきか、
つまり貴方自身がどれほど創造主の導管、神の道具であるのかということへの信念を高めてもらいたいからです。
今、ホワイトイーグルであったり、プラトン立体や天使的形而上図形のエネルギーであったり、創造主の創造力であるオレンジ色であったり、クリスタル化したエネルギーであったりが、貴方と同期化されようとしています。
それらのエネルギーはすでに貴方の中に在るもので、貴方が意識的に繋がりチャネリングするのを待っています。
それらはただ貴方が受け入れることで、貴方はそれらを自然にチャネリングしていくことになります。
貴方はすでにチャネリングをしていますが、今はもっと自信をもって、これまでとは別の形でそれらを表現していくということを始めるべきでしょう。言葉を通して、音を通して、動作、ダンスを通じてチャネリングすることもできるはずです。手のジェスチャーや言葉を示す動作をチャネリングしてもいいでしょう。絵を描いてチャネリングするのもいいでしょう。
このチャネリングというのは、人を助けるためとか誰かを救うためにする必要もないわけです。
チャネリングの一番の使い方というのは、自分の中の創造主のエネルギーを表現するということです。
マスタージュアルクールは光の同期化という形でその方法を貴方に伝えます。
このジュアルクールという存在は私クツミの友人でもあり、神の第二の光線を司ってきた仲間でもあり、私と共にスピリチュアルな教師です。
わたし達はチャネリングをしたい人々のその過程をサポートし、一人一人が創造主のエネルギーを美しく、そして適切に表現することを援けています。
貴方はこのジュアルクールをよび、自分の光の同期化、つまりそれはあなたが持つ全ての光を創造主のエネルギーと同期化するということです。その作業をサポートするよう求めてください。
これによってあなたはよりオープンで受け取りやすくなります。
そしてわたしクツミをよび、貴方が自分の内外に設置したすべての制約をはずし、貴方のチャネリング能力を高めるよう求めてください。
わたしは光の炎として常に貴方と共に在り、毎晩貴方を癒し、そして貴方が貴方のチャネリング能力を信頼できるようにガイドしていきます。
貴方はもう自分自身、そして貴方の中に在る創造主のエネルギー、そして貴方自身のの神聖な魂を信頼する時が来ています。
では質問を受けます。
創造主と完全に繋がり始めると、他の人と分離を感じるのは当然です。
この分離には神聖な目的があって、それは貴方の内なる力を目覚めさせるというのもその一つです。
このことによって周りでどんな事が起きたとしても自分を強く保つことが出来るか、
自分自身はそれで満足できるのか、どれだけ自分自身のエネルギーを確立することが出来るのか、ということが試されています。
また、別の側面の学びとしては、貴方の行動や言動に感謝しない人々へどれだけの大いなる愛と思いやりを持てるか、ということです。
分離感を持つ周りの人々へ貴方が大いなる愛と思いやりを強く保つことで、逆に距離は近くなっていくのです。
宇宙の中での「変化」という現象はごく当然のものですが、この地球上において「変化」というものは、人々には恐怖をもって捉えられることがあります。特に貴方が変わり始めることをそれを恐怖に捉える人もいるわけです。
貴方の役割は、その恐怖を愛と思いやりによって溶かしてあげることです。
ただどんな人も自分を見せるという役割を持っています。
貴方の家族が見せている態度というのは、貴方が持っている信念でもあるということです。
ですから、貴方が自分自身の行動や信念に価値を置ききれていない部分、もしくは自分を信じ切れていない部分があるのかもしれません。自分をおかしいと思っていたり、自分のスピリチュアルな部分を信頼し切れていないということです。
この部分を癒すには、ただ無条件に自分を愛する、受け入れる、ということです。そうすることによって貴方の中にも周りにも調和が生まれ、自然に整ってゆくでしょう。
まずは自分を信頼することです。
そして、『直感に従う』ということは、現実の中に調和を齎す、ということです。
直感に従う、ということは「全てが完全な形で整理されていく」ということになるはずです。
もしかしたら貴方の中に、「調和は創り出せない」という信念があるのかもしれません。
そして、貴方の中に直観を得た時に、「それをキチンと見極める」という必要があるのかもしれません。
一つ、直感を得た時にすぐ行動を起こす前に、赤ん坊を抱くように一旦そのエネルギーを保ってみて、そしてそれを感じた上で行動すべきかそうでないかワンクッション置いてみるのもいいでしょう。
直感を得て行動するその前に、そのエネルギーを赤ん坊を抱くように経験することで、そのエネルギーをグラウンディングすることが出来るので、現実とのギャップは埋まってゆくはずです。
そして自分を愛する、ということに戻りますが、クライアントさんにしても、貴方が自分を愛すことが出来れば、クライアントさんは増えるはずです。でもその前に貴方自身がクライアントさんが増えることを望んでいるのか、クライアントさんと繋がりたいと思っているのか、もしそう思っているのなら、そうなることをしっかり意図するべきです。
貴方は、豊かさという面においても豊かさを創造主から直接受け取る、というだけでなく、他の方からお金を受け取って豊かになってもいいということを受け入れるべきです。
常に自分が変化していることを認識していることは大切なことです。
まずは現実の中で自分を愛で満たすこと、その愛に満たされた状態に自分を置くこと、愛の中に居る視点から未来の自分を投影させるということは、これからの未来を創り出すことにおいても重要です。
時にはスピリチュアルな状態でなくなったとしても、それでもスピリチュアルな状態にいることをイメージし、それを未来に投影するのです。
それが今貴方にシェアできるアドバイスです。
クライアントを求めることよりは、沢山のクライアントがいる状態をイメージするというか、流れるイメージを持つこと、そしてクライアントに貴方が何を与えたいのか、貴方と出逢うことでどれだけハッピーになるのか、クライアントがハッピーになることによって貴方はどうなのか、そういったことをどんどんイメージしてみましょう。
まずは意図することです。そして意図したらそれにエネルギーを使うべきですが、その意図の具現化を妨げているものを解放する必要があります。
ただシンプルに自分が望んでいることが現実化するように、無条件に自分を愛して下さい。
貴方自身が貴方の意図を宝物のように扱い、それが現実化するために自分を活性化するということを意図するとよいでしょう。
自分を愛すること、そして相手を愛すること。
わたしはマスタークツミです。わたしは貴方のメンターとして常に貴方と共に在ります。
<ナタリー・グラッソン>
 

菊理姫2010

 
わたしは菊理媛
 
日本神界より
あなた方にお伝えさせていただきます。
 
今この時間軸に日本の地に降り立った古き魂の皆々さま、
あなた方はすでに何度も耳にしていることでしょう
そう
ここ、日ノ本が世界の雛形であるということを。
 
それは真(まこと)のことであります。
 
そして
 
わたし達日ノ本の神々もまた
世界の神々の雛形なのです。
 
それは、日本だけが特別な国ということではありません。
人の体の全ての部位がどれも完璧なパーツであるように
すべての人、国が完璧であるのです。
 
 
そして今
この龍体日ノ本の背に立つあなた方が
この刻、この地にて集うことは
古(いにしえ)よりの魂の約束であるのです。
 
それがたとえ
あなた方の意識(マインド)に於いては認識できずとも
あなた方の魂は全てを識っています。
 
あなた方は
人やモノと出会い、触れ、
そして特定の場所に出向くことによって
過去の地球に於いての自らのエネルギーと繋がります。
 
その時間もエネルギーも認識の内にはありません。
 
マインドが「わからない」と言ったとしても、問題ではありません。
それでいいのです。
 
しかし
そこに己の意思を加味することによって
認識する領域は拡大し
あなたが扱えるエネルギーの量と質は
確実に変容することでしょう。
 
そしてその意思は
あなた方がその意識を持ってこの日ノ本の龍体の上で「生活」することで
意志となり
確実にそのエネルギーは
日本各所から繋がる地球のレイライン全てに伝播してゆき
世界をさらなる覚醒へと導いてゆくでしょう。
 
あなた方はこの地球での二極の学びを終え
統合の時間を迎えようとしています。
 
わたしがここ日ノ本に於いて
イザナギとイザナミの仲裁をした神として記録されているのは
分離を一つに統合するという、
地球の次元上昇(アセンション)を司るエネルギーの象徴として顕わされているのです。
 
わたし達神々は
常にあなた方にサインを送っています。
 
サインを見逃しているのでは、と心配する必要はありません。
 
必要な情報は、どんな形であれ
必ずあなた方ご自身の元へ齎されます。
チャネリングで情報を得るというのであれば、
日常で起こるすべてがチャネリングであるのです。
 
あなたの内に生ずる衝動を
消しても消しても消えない時、押さえられない時は
どうぞ速やかに「行動すること」を選択してください。
必ずや光明が齎されることでしょう。
 
あなた方は
一人で在ったことはありません。
 
これまでも、
そしてこれからも。
 
どうぞいつでもわたし達を求めてください。
 
 
わたし達はいつでもあなた方と共に在ります。
 


 

PROLOGUE

Ayah, Asher, Ayah   As Above So Below  All That I Do, You Can Do

 
ここは賢者の杖を内包する方々の認識を深め、
常に自らが天と地と連携し、
宇宙スケールの共同創造に携わっていることの自覚を持ち、古の錬金術を再生する、
Harmony Philosophy を実践する方々のための安心安全のスペースです。
 
「宇宙の詔<ミコトノリ>」とは、シンプルでわかりやすく普遍的なもの。
 
イニシエの叡智を再生することは、自らの神性と連動し、
外宇宙と地球の架け橋として生きることの援けとなります。
 
サロン・ド・クロノにおいでいただく皆さんに、
わたしという触媒を通して必要なすべてが齎されます。
 
あなたにとって、このスペースにいらっしゃる機会は今ここかもしれません。